スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチプレックスパターンの表記と生成(3)

●パターンの分解と合成

 今回は、マルチプレックスを含むパターンを「ジャグリング可能な2つの数列を合成したもの」と捉え、この考えに基づいてパターンを生成する方法を紹介します。この方法を使うことができれば、試行錯誤によらずになかば自動的にマルチプレックスを含むパターンを作ることができます。
 まずは、このシリーズで何度もとりあげてきた[53]121から考えてみましょう。このパターンは、以下のように考えることができます。
  [53]121=5120+3001
つまり、[53]121は5120と3001を組み合わせたパターンと理解することができます。この5120と3001のいずれもジャグリング可能な数列であることを確認してください。
 このように、マルチプレックスを含む数列を「ジャグリング可能な2つの数列を合成したもの」と分析的に捉えるなら、反対に、「ジャグリング可能な2つの数列を合成することによってマルチプレックスを含むパターンを生成する」という総合的な考え方も可能になります。実際、このように理解すると、パターンを用意に作ることができます。

●合成できるパターンの条件

 それでは、その具体的な生成法を考えてみましょう。とりあえずは、マルチプレックスということにとらわれず、どのようなパターンであれば合成できるかを理解することが必要です。
 前回説明したように、マルチプレックスを含む数列が実現可能なものであるには、2を含んでいることが必要でした。2はボールを手中に保持しているだけなので、そこに他のボールが落下してきてもキャッチすることが可能なのでした。ですから、2を含むパターン、たとえば423や522は、合成の候補となります。
 同様に、0はボールを保持していないので、そこにボールが落ちてきても問題なくキャッチできます。すると、0を含むパターン、たとえば300や504なども合成の候補となります。
 このように、数列の合成は、2もしくは0を含む数列を2つ用意することによってなされます

●合成の方法

 たとえば、423と300を合成することを考えてみましょう。はじめに、この2つのパターンにおいて、ボールがそれぞれどのタイミングで落下するかを把握しておきます。まず423ですが、4は4拍後の2のところに、3は3拍後の3のところに落下します。2は次に4で投げられますが、保持したままなので考慮する必要がありません。したがって、このパターンでは2と3の拍でボールが落下してくることになるわけですが、これがわかるように、2と3に「'」をつけておきます。つまり、42'3'と書いておきます。同様に、300は、落下するボールとしては3だけを考えればよいので、その落下位置である3を3'として、3'00と書いておきます。42'3'は2拍目と3拍目、3'00は1拍目にボールが落下してくるので、これらのボールの落下位置が重ならないように重ねあわせます。この2つはこのまま合成することができます。すなわち、
  42'3'+3'00=[43']2'3'
というように、[43]23というパターンを生成することができます。
 もう一例、522と300を合成してみましょう。522の落下位置は522'、300の落下位置は3'00となりますので、
  522'+3'00=[53']22'
  522'+03'0=5[3'2]2'
というように、522と300からは2種類のパターンを生成できます。これらはまだ落下位置に余裕があるので、たとえばさらに2'01を組み合わせて、
  [53']22'+12'0=[53'1][22']2'
  5[3'2]2'+2'01=[52'][3'2][2'1]
といったパターンを生成することができます(もっとも、下のパターンはボールを両手に1つずつ余計にもったまま531をやっているだけですが)。

●網羅的な合成

 パターンの合成方法の説明は、以上です。実際にパターンを作るさいには、「これとこれを組み合わせると面白いのではないか」と直感的に合成するのも手ですが、あらかじめ2や0を含むパターンを網羅しておき、それらのすべての組み合わせを試していくほうがよいと思います。それほど手間のかかることではありません。
 今回は、周期3、ボール数1~3のパターンに限ってみましょう。この条件に当てはまる数列をすべて網羅しても、
  1ボール:300, 201
  2ボール:600, 501, 420, 330, 312
  3ボール:900, 801, 720, 630, 612, 603, 522, 504, 423
と16種類しかありません。ただ、さすがに16×16の表を書くこともできないので、ここでは、3ボールのパターンと300および420を合成したものの一覧を作っておきます。マルチプレックスにならないものも含まれていますが、すべて書くことにします。
300420
900930, 903[94]20, 942
801831[84]21
720[73]20, 723[72]24, 7[42]2
6306336[43]3
6126[31]2[64][21]2
603633[64]23
522[53]22, 5[32]2[54][22]2, [52]2[42]
504534[54]24
423[43]23[43][42]2

 以上で、マルチプレックスパターンの表記と生成シリーズは終わりです。パターンを生成するための小技など、もっと細かいこともいろいろあるのですが、とりあえずここまでで述べたことを理解し、利用していけば、マルチプレックスに限らず、ジャグリングのパターン一般に対する理解もおのずと進んでいくと思います。数列によるパターンの生成や表記は、できたからといってジャグリングがうまくなるというわけではありませんが、できれば練習の幅が広がり、ジャグリングの楽しみが増すと思います。覚えておいて損はありませんので、暇があれば数字をいろいろいじってみてはいかがでしょうか。

1へ 2へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。