スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードを用いたパターンの管理:カードの網羅的作成

★要点

・パターンの管理にはカードが便利。
・網羅的にカードをつくることが、練習のためにもルーチンづくりのためにも大事。


 具体的なカードの作り方については、「カードを用いたパターンの管理:カードの整理と書式」を、カードの応用法は、「カードを用いたパターンの管理:使用例」(まだ書いていません…)を、それぞれ参照してください。


●パターンを管理する必要

 ジャグリングには無数のパターンがあります。練習をするときには、これら無数のパターンのうちから自分の実力に見合ったもの、自分が身につけたいと思うものを選び、挑戦することになります。
 この、挑戦するパターンを選ぶ過程ではよくよく注意すべきで、効率よく上達するには、しかるべきパターンを選択することが大事です。そのためには、まずジャグリングにどのようなパターンがあるのかを、包括的に把握しておかねばなりません。
 ただし、いたずらに多くのパターンをかき集めても、適切に管理しなければ、どこから手をつけべきかという判断すら難しくなってしまいます。このやり方には、人それぞれ、やりやすいやり方があるでしょうが、ここでは、僕自身が用いている、カードを使った管理法を紹介します。

●カードを用いることの利点

 まずは、カードを用いることの利点を述べます。
 パターンを管理する方法としてふつう用いられるのは、ノートでしょう。しかし、ノートでは並べ替えることができませんから、パターンが多くなってくると、目的のパターンを探すことが困難になります。ルーズリーフならこの問題はある程度解決するものの、B5やA5では1枚に1つのパターンを記入するには多きすぎますし、かといって1枚に複数のパターンを記入するのでは、並べ替えられるという利点が小さくなってしまいます。
 この点、カードであれば、1枚に1つのパターンと、そのパターンについての情報を書き加えて丁度よいくらいの大きさですし、並べ替えや追加が非常に容易に出来ます。
 ノートの他にも、パソコンを用いて管理することもできるでしょう。この場合は並べ替えも追加もカードより楽ですし、検索という便利な操作もできます。
 けれども、パソコンでは画面の大きさが限られているので、複数のパターンを並べて見比べるようなことは、あまりやりやすくはありません。複数のパターンを同時に眺めることは、とくにルーチンに組み込むパターンを選択するときにおこないます。そうすると、あまり頻度は多くないように思われるかもしれませんが、ルーチン作成の際には、できるだけ多くの可能性の中から、最もふさわしいと思える1つを選ぶものですから、多くのパターンを同時に考慮できるかどうかは重要なポイントです。
 また、パソコンは字の入力には優れていますが、絵などを描いて挿入することは面倒です。カードでしたら、手書きなのでこうしたことも容易です。
 さらに、パソコンを練習の場にもっていくのは面倒ですし、道具をぶつけないかとか、バッテリーがなくならないかとか、余計な心配も増えてしまいます。カードでしたら、持ち運びが簡単にできます。(ただし、僕自身はカードを持ち運ぶことはしていません。携帯で代用しています。)

●あらゆるパターンを網羅すること

 カードで管理をするさいには、まず、あらゆるパターンを網羅することが大事です。これをしなければ、パターンの管理をする意味がほとんど無くなってしまいます。
 あらゆるパターンですから、現時点でできないパターンも含めますし、試みたことすら無いパターンも含めます。20ボールファウンテンのような、人間には不可能な技のカードをつくることは無駄でしょうが、人間に可能と思われるパターンであれば、すべて記録するべきです。
 もちろん、思いつかないパターンを記録することはできません。ですから、まずは基本的なパターンや、機械的に生成することのできるサイトスワップなどのカードからつくりはじめます。知らなかったパターンを目にしたときや思いついたときには、それをそのつど新しく記録していきます。そのさい、そのパターンをもっと簡略にしたり複雑にしたりすることで、他のパターンをつくることができないかどうかも検討します。
 僕自身は、5ボールまでは、アシンクロだけでも、3桁までならすべてのサイトスワップを、5桁までなら最高点がa未満のすべてのサイトスワップを、カードにしました。もちろんこの条件に含まれなくてもつくったカードはたくさんありますし、シンクロやマルチプレックスのパターンも数多くあります。さすがに面倒なので数えはしませんが、全部で1000枚くらいはつくったと思います。

●網羅的にカードをつくることのメリット

 このような仕方でパターンをかき集めることは、一見無駄に思われるかもしれませんが、そんなことはありません。知らなかったパターンに気づくことができるということだけでも、この労をとる価値はあります。
 個人的には、ジャグリングにオリジナリティを求めることは嫌いですし、複雑なサイトスワップも、実際には見た目よりも簡単なことが多いので、あまりルーチンに入れたりしたくないのですが、それでも、新しいパターンを知り、それを練習することは、技術の向上につながる可能性がありますので、重要なことだと考えています。
 たとえば、よく言われることですが、5カスケードを覚えたいとして、そればかりひたすら練習しても、ふつうはできるようにはなりません。それでできるようになった人を見たことはありませんし、もしできるようになったとしても、それはその人が才能に恵まれているからとしか思えません。5カスケードができるようになるには、それより難度の高いいくつものパターンを練習しなければいけません。基本的な技術を向上させるためにも、様々のパターンを知り、練習することが、結局は近道になるのです。
 また、多くのパターンを知っていれば、パターン同士の関連に気づきやすくなります。そうすると、新しいパターンを練習するときにも、既知のパターンの技術を応用することで習得が速くなり、こうして、連鎖的につかえるパターンの数が増えていきます。
 たとえば、753は744や531と関連が強く、この2つがどの程度できるかによって、習得に必要な時間は大きく変わるはずです。しかし、こうした関連は、習得して初めて正確に理解できるようになるものですから、とにかく手当たり次第に練習していくという姿勢も大事です。それに、そもそもそうしたパターンを知らなければ練習のしようがありません。たとえば、744は有名でも、これと関連の強い741や714は、それほど知られてはいないのではないでしょうか。まずは、紙の上でパターンを網羅しておくべきです。
 さらに、多くのパターンを知っておけば、それがそのままルーチンをつくるさいの強みになります。新しさだけで勝負するのは個人的には嫌いですが、ルーチンを退屈なものにしないためには、なにかしら、ふつうとは違うものを見せることが必要です。パターンのストックが多ければ、すぐにそこから適当なものを選び、ルーチンに組み込むことができます。
 以上のように、ただ練習するだけでも、あるいは人に披露するのでも、ジャグリングにどのようなパターンがあるのかをできるかぎり網羅的に把握しておくことは、大変有効な手段です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。