スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚の参加

★要点

・腕だけで投げようとすると柔軟さが制限されてしまう。脚を参加させて臨機応変な動きができるように。
・足の基本位置は腰からまっすぐ下ろしたあたりか、それより少し外側あたり。
・脚全体を自然に使うには、まず膝が自由に動けるように少し曲げておく。

●ジャグリングと脚

 ジャグリングで最も酷使されるのは腕で、そこから一番遠い脚についてはあまり問題になることがありません。確かに、脚の使い方はジャグリングにとって本質的ではないように思えます。たとえば安定して続けることのできるパターンなら、足幅を狭くしたり広くしたり、あるいは前後にずらしたりしても、全く問題なく続けることができるはずです。負荷の低い技に関しては、脚は大して重要でなさそうです。
 しかし、あまり安定していないパターンだとどうでしょうか。安定してできる最大数よりも1つ多い個数の練習をする場合を考えてみてください。おそらく、ふだんと極端に違う位置に足を置いた場合、非常にやりにくく感じるのではないでしょうか。あるいはもっと極端に、片足立ちでジャグリングしてみてください。この状態でふだん通りに投げるのは至難の技です。
 ジャグリングは腕を使う運動ですが、腕だけを使うわけではありません。スムーズに投げるためには、全身を有機的に連動させて投げることが必要です。しかし、とくに初心者のうちは、腕だけに頼った投げ方になってしまいがちで、そうするとコントロールの精度が低くなり、また疲労しやすくもなってしまいます。全身を参加させる第一歩として、まず脚を参加させることから始めてみてはどうでしょうか。

●足の位置

 まずは足の位置から考えていきます。一見動いていないように見える場合でも、脚は体とボールを支えるという役割を果たしています。ふつうに立っているだけならば、両脚にかかる力は常に一定のはずです。しかし、ジャグリングではボールをキャッチするたびに、キャッチした手の側の脚により大きな力が加わります。ジャグリング中には、この重さをしっかり支えねばなりません。

 両足の位置の基本は、腰からまっすぐに下ろしたところか、そこよりやや外側あたりでしょう。体重を支えるには脚がまっすぐ下りているのが効率的ですが、ジャグリングでは臨機応変に前後左右に重心を微調整しなければいけないので、足幅が狭すぎるとリカバリーなどが難しくなってしまいます。両足の前後の位置関係は、ふつうは両足とも同じように揃えます。いずれかの足が前に出ていると、それに伴い腰なども回転することになりますから、両手を同様に動かすのが望ましいジャグリングにとっては、両足を極端に前後にずらすのは避けたほうがよいかもしれません。
 ただし、ずらしているほうが前後への体重移動は楽になりますから、リカバリーはしやすくなります。ガットーも、7クラブのスタートでは左足をかなり大きく前に出しています。これは、1投目を高く投げるのを容易にすると同時に、体全体を前後に移動させることによるリカバリーに備えるためと思われます。
 左右の幅については、狭すぎたり広すぎたりしない限りは、やりやすさは大して変わらないと思います。ただし、ハイアップのように力をほぼ真上にできるだけ大きく加えたい場合は、足の幅は狭くして脚の進展の力をまっすぐ上に向けるほうが楽になります。反対に、足の幅を広くしておけば、膝などの細かい動きで重心を左右いずれかに寄せることができますので、たとえば744のようなボールを扱う範囲を左右に大きくとりたいパターンでは、周期ごとに重心を左右に交互に移動させることでボール同士の衝突の危険を減らせます。

 基本位置はこのようになりますが、リカバリーなどで体ごと移動することを考えると、足を基本位置以外の場所においても問題なく投げられるように練習することも有効かもしれません。また、ピルエットのように必然的に足位置の動きを伴う技もありますし、ステージで披露するのならジャグリングしながら移動する技術はほぼ必須です。基本位置でのスローをしっかり身につけたうえで、臨機応変に対応できるようにするために、あえて基本位置からはずすことも必要です。

●脚の動き

 さて、ジャグリングにおいては、足は単に体を支えるだけでなく、積極的に動かすことが必要になることもあります。脚を動かすことには、主に2つの重要な役割があります。

 1つ目は、スローの補助としての働きです。これは、ハイアップのようなあからさまな場合には限りません。カスケードやファウンテンのようなシンプルなパターンでも、数が増えて負荷が上がれば、脚を単なる支えとしてだけでなく、ボールを投げ上げるための力添えとして用いることが重要になってきます。
 ただし、これは肩、背中、腰など全身と連動させてはじめてスムーズに行えることで、簡単ではありません。これはぼく自身もまだ検討の途中ですし、書くにしても記事を改めなければなりませんので、ここでは保留させていただきます。これまで意識したことのないかたは、脚を使って投げる、ということだけ心の片隅にでも留めておいてください。

 2つ目は、すでに触れたものですが、ミスした際のリカバリーとしての働きです。「衝突回避」の記事も参照してください。
 この場合は、膝の準備が重要です。これは上向に力を加えることを考えても同様のことが言えるのですが、膝を完全に伸ばしてしまうのは望ましくありません。膝を伸ばしてしまっていると、重心をすばやく落とすことが難しくなりますし、上向きに力を加えることもできません。フォームが硬くぎこちなく見える人は、膝がぴんとまっすぐになってしまっている場合が多いです。スムーズに腕の補助をし、とっさの状況の変化にすぐに対応できるよう、膝は軽く曲げておくくらいにします。膝を柔軟に使うことができれば、股関節や足首など他の部位もそれに伴い自然に使えるようになるはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。