スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3:キャリー

★要点

・片手のみのクローキャッチから次第に移行すると楽。
・上の手は、ボールをまっすぐ落とすのではなく、少し持ち上げるようにして放る。
・リズムはカスケードと同じ。慌てて速く動かしたりしないこと。

●動画



1.ふつうにキャリー。
2.クローキャッチからのキャリー。

●導入

 手を上下に配置する特殊な構えが特徴的で、そのためか一般受けがとてもよく、ルーチンに入れればほぼ間違いなく拍手をもらえます。しかしその割には難度は低く、いったんコツをつかめばすぐに人に見せられるレベルまでもっていくことができます。

●練習方法

 具体的なやり方に入る前に、まず理屈を説明しておきます。キャリーができない人の間違いでありがちなのが(というより、これが唯一の間違いといってもいいのですが)、上の手からボールをまっすぐに落としてしまうことです。しかしこれではリズムが速くなりすぎて、ふつうは追いつけません。上の手がボールを放すさいには、まっすぐ落とすのではなく、軽く上方へ持ち上げます。
 こうすることの利点は主に2つあります。第一に、ボールが上の手を放れて下の手の高さにまで落下するまでの時間が長くなります。そうすると、リズムが全体的にゆっくりになり、余裕をもってボールをコントロールすることができます。第二に、上の手を曲線的な軌道で自然に動かすことができます。ボールをまっすぐ下に落とそうとすれば、手はどうしても直線的に動かざるをえません。すると軌道を安定させることもリズムを一定にすることも難しくなります。しかしボールを放す瞬間に手が上昇していれば、その勢いのまま手を外側に回して、手で変形した円軌道を描くことができます。
 もう1つ注意すべきことは、リズムはカスケードと変わらないということです。慌ててしまって無理に手を速く動かそうとする人がよく見受けられますが、そうやっていてはいつまでもできるようになりません。もっとも、この点は上記の、ボールを持ち上げつつ放すということができていれば自然に解決できるはずです。

 以上のことを踏まえたうえで、具体的な練習方法の紹介に移ります。特殊な技ですから練習の仕方はさまざまにありえますが、ここでは自分が習得したときの方法を紹介します。片手のみクローキャッチをしている状態から、両手の位置を少しずつずらしていくというものです。動画の2パート目(0:18-)を参照してください。
 この方法のメリットは、上におく手を最初から自然な軌道で動かせることです。手の位置を少しずつ動かしていくので、手の動きを瞬間的に根本から変える必要がなく、キャッチするときに下げ、スローするときに上げるという動きを維持しやすいのです。
 もしクローキャッチができないなら、通常のカスケードのまま手を上下に配置するのでもよいかもしれません。この場合はタイミングを見計らって前腕をひねる必要がありますが、これはそこまで難しい動きではありません。クローキャッチから入るほうがより自然ですが、キャリーの上の手はクローキャッチしているわけではありません。むしろオーバーヘッドに近いです。落ちてくるボールの下に手をおいて、待っていればよいのです。

 なお、キャリーに厳密な形というのはおそらくありませんが、やはり上の手が上下する幅は小さいほうが格好よいでしょう。クローキャッチから移行する場合は、やりやすい代わりに手の上下動が大きいので、見栄えをよくするにはこれを小さくしていく練習が必要です。これもやり方はいろいろありますが、たとえば肘の位置をできるだけ動かさないようにして、肘から先だけを車のワイパーのようなイメージで動かすといいかもしれません。もちろん手は弧を反復して描くのではなく、つぶれた楕円を描くようにします。ただし、弧を描くやり方でもできないわけではありません。上達したら挑戦してみましょう。
、肘の位置によって、手が描く軌道も変わります。ぼくはオーバーヘッドは肘を開いてやるので、キャリーの上の手もそのようにしていますが、そうすると自然にキャッチ位置のほうがスロー位置よりも高くなります。これが気になるなら、肘を体の正面におけばキャッチ位置とスロー位置を同じ高さにできます。いずれにせよ難度は大差ありません。

 ここまで上の手についてばかり述べてきました。下の手については、あまり考えなくとも自然に使えると思うのでそれほど気にすることはないのですが、左右の位置が上の手と同じになるようにしましょう。ずれていると見栄えが悪いですし、何よりとてもやりにくいです。

 クローキャッチから移行する方法で身につけてしまえば、カスケードやその他のパターンから移行することも容易にできるはずです。このとき、移行直前の1投をやや高めに投げておけば、余裕がつくれてミスを減らすことができます。

●視線と意識

 視線は、上の手と同じくらいの高さに向けて固定します。 下の手は見えていなくても、キャリーの重要なポイントはすべて上の手のほうにあるので問題ありません。
 意識は、とくに上の手でのキャッチに向けつつ、視界に入っているボールすべての位置をぼんやりと把握するようにします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

mascaretさんの解説のおかげで何とか不細工ながらできるようになりました。ありがとうございます。

タイラーさんへ

コメントありがとうございます。
参考になったようでしたら、こちらとしてもとても嬉しいです。
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。