スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つのR

 これはここ数年頻繁に用いているフレームワークで、調子が悪いときにとりあえず立ち返ってみる軸として、重宝しています。
 3つのRとは、リラックス、リプロダクション、リズムの3つを指します。詳細についてはそれぞれ記事を立てて述べる予定ですので、ここでは大まかに説明するにとどめます。

●リラックス

 リラックスというのは、そのままですが、脱力することです。
 ジャグリングに必要なパワーは、実はそれほど大きくはありません。はじめのうちは、腕をかなり速く動かさねば投げつづけることはできませんが、軌道が安定してくれば、腕の動きは一定で無駄のないものになり、力まずに十分高く投げられるようになるはずです。逆に、このような状態にならねば、安定しているということはできないでしょう。
 さて、最終的には脱力した投げ方にたどりつくのですから、新しい技を練習するときにも、初めから脱力してしまうのがよいです。ナンバーズやハイアップなど負荷の高いものは別ですが、そうでないパターンで練習中にすぐに疲れてしまうようなら、そのままの投げ方では安定に至らないと考えたほうがよいです。
 それに、必要以上に力を入れることは、体力の無駄にもなってしまいます。
 安定させられる投げ方を求め、さらに長時間の練習でも疲れないようにするために、よく脱力して投げることが大事です。

●リプロダクション

 リプロダクションというのは、あまり聞かない言葉かもしれませんが、一定の動きを再現することを指します。
 あるパターンができるようになるためには、偶然に頼らず、一つ一つのボールをきちんとコントロールせねばなりません。同じ5ボールカスケード10キャッチでも、軌道が不揃いのまま何とかこなした10キャッチと、完璧にコントロールされた10キャッチとでは、価値が全く異なります。完璧なコントロールを実現するには、正しいスローを毎回再現する必要があります。
 ただし、完璧なリプロダクションを目指そうとして、あらゆる細部を意識しようとしてはいけません。どこからスローしてどこでキャッチするのかを意識するだけでも、大変な量の思考が必要になります。まして、肩の位置や肘の位置、背筋の状態、脚の使い方なども同時に考慮しようとすることは、不可能です。
 個人的には、リプロダクションを意識するときには、手が動く範囲だけを思い描くようにしています。手を動かしてよい上下左右の限界をイメージして、手をその範囲の内側だけで動かすようにする、ミスをして手がその枠から外れてしまったら、できるだけ素速く枠に戻すようにすることを心がけます。
 もちろん、どのようなイメージを持つとやりやすいかは個人差が大きいでしょうから、様々に実験して、どうすればうまくリプロダクションができるか探ってみてください。

●リズム

 リプロダクションが体の動きという空間的な尺度であるのに対して、リズムは一定の時間間隔でボールをスロー/キャッチするという、時間的な尺度です。体の動きを完璧に再現できても、そのリズムが崩れてしまえば、ジャグリングは安定しません。
 ジャグラーが(自分も含め)やりがちなミスは、ボールを手の中に必要以上に長く持ちつづけてしまうことです。特にサイトスワップ系の、ボールごとに軌道が異なるパターンで、この傾向は顕著に見られます。
 ボールごとに保持時間が違ってしまうのは望ましくありません。端的に言えば、すべてのボールを同じように処理できていないということになるからです。
 ですから、両手とも常に一定のリズムで動かしつづけることが大切です。一定のリズムで動かしていてうまくいかないなら、それはスローの方に問題があるということになります。そうと分かれば、どのスローが高すぎる/低すぎるのかを知ることもできます。
 一方、リズムを崩してでもパターンをつづけようとするなら、どのスローに問題があるのか、なかなか分からないでしょう。そうすると、望ましい投げ方を見つけるのに余計に時間がかかってしまいます。それどころか、のちのち矯正せねばならないような望ましくない投げ方が癖になってしまうかもしれません。そうならないためにも、リズムは意識的に一定に保つことが大切です。

●練習への応用

 以上、3つのRについて述べてきました。注意するべきこととして一点付け加えておきますが、この3つを同時に意識しようとしてはいけません。そんなことは、まず不可能です。そうではなくて、一つ一つのパターンについて、この3つの要素を個別に順番に検討していきます。そうして、それぞれが無意識のうちにできるようになるまで十分に時間をかけます。3つを同時に意識することはできなくとも、3つを同時に無意識に行うことはできるようになるはずです。
 練習する順番としては、ここで紹介した、リラックス、リプロダクション、リズムの順がよいでしょう。
 リラックスは安定を実現するための前提ですので、最初から意識するべきです。
 どのように腕を動かすべきかは、最初からある程度検討をつけることができます。一方で、適切なリズムを知るには、ある程度つづけることができるようにならねばなりません。ですから、リズムより先にリプロダクションを意識した練習をします。そうして20キャッチくらいをきちんとコントロールして成功させられるようになったら、リズムを意識した練習に移ります。
 もちろん、リズムの段階に達しても、ときにはリラックスやリプロダクションに立ち返ることも必要です。行き詰まるたびに、この3つの要素を順番に検討すれば、何ができていないのかを見つけだすことが容易になります
スポンサーサイト

練習の実際:20121021

 JJFなどで、具体的にどのような練習をしているかを訊かれることが多かったので、試しに撮影してみました。
 今回はウォーミングアップと、ある程度成功率のある技をより確実なものにしていくための練習を取り上げました。
 0:00-3:00がストレッチ、3:00-12:30がウォーミングアップ、12:30-がサイトスワップとなっています。

 アノテーションで解説を付しています。アノテーションを表示できるハードで御覧ください。



 以下、若干のまとめなどを記しておきます。

●ストレッチについて

 まずストレッチを行なう意義ですが、実は練習をする上ではあまりないのではないかと思っています。
 ストレッチを行なうとウォーミングアップが多少スムーズに進むように感じますが、ストレッチに割く時間を計算に入れると、時間の短縮になっているかどうかよく分かりません。
 それでも、全く運動していなかった状態から練習をはじめる場合や、寒くて体がこわばっているような場合は、ストレッチ(およびジャンプなどの体を暖めるための運動)に時間を割く意義は十分にあると思います。
 また、ハイアップをする場合は突き指をしてしまう危険があるので、指のストレッチは行なっておくべきです。ピルエットをやる場合も、首を痛めないようにストレッチをしたほうがよいです。
 今回の動画では、煩雑になるのを防ぐために、ストレッチと実際にボールを投げるウォーミングアップとを別個に行いましたが、ふだんの練習では並行して行なっています。まず首、指、上腕二頭筋のストレッチだけ行なって、ボールを投げる過程で固いなと感じる部位があれば、そこだけ追加でストレッチするようにしています。

●ウォーミングアップについて

 練習時のウォーミングアップの意義は、二つあると考えています。
 ひとつは、文字通り体を暖めること。ハードとしての体の性能を自分の最大限にまで高めることです。練習を開始した直後にはなかなか体が思うように動かないので、眠っている体を起こす必要があります。
 もうひとつは、体の使い方を思い出すこと。体の各部位の位置や動き、視線を向ける方向、意識の散らし方などは、時間が経つと忘れてしまうものです。忘れてしまった体の使い方を思い出し、体をスムーズに使えるようにすることが必要です。
 この両者のうち、人によって差異はあると思いますが、個人的には後者のほうが難しく、時間がかかると感じます。きちんとコントロールできる個数でウォーミングアップを行なうのは、体の使い方を思い出すのに時間がかかるからです。落とさずにつづけられるパターンならば、投げながらでもフォームを微調整する余裕があるはずですから、スムーズな体の使い方を思い出すことが容易になります
 体の使い方が思い出せてきたら、負荷を高めて体を暖める方に重点を移していきます。ただし、負荷が高くてもすぐに落としてしまうパターンでは、あまり意味がありません。負荷は高いけれどもある程度コントロールもできる、というパターンを採用することが大切です。

●練習のメソッドについて

 練習では、成功率7~9割くらいの動きをこなすようにしています。成功率が低すぎる動きは、どうしたら成功するのか、なぜ失敗してしまうのかが分かっていないので、何度挑戦してもなかなか上達しないものです。一方で、成功率が7割くらいある動きなら、すでにある程度コントロールすることができているわけですから、成功や失敗の原因が理解しやすく、自覚的な技術向上が狙えます
 成功率が低い動きをひたすら繰り返してコツを見つけようとするのは博打であり、コントロールできる範囲を徐々に広げていこうとするのは堅実なやり方です。前者はうまくいけば一気に上達しますが、運が悪ければまったく前進できません。後者にももちろん多分に偶然の要素が関係してきますが、自覚的にコントロールできている割合が高い分、博打要素は小さくなります。

 さて、具体的な練習の仕方について。
 かなり難しい技でも、分解すればコントロールできる動きに還元できるはずです。5ボールカスケードをまったくやったことがなくても、ボール1個を5に近い軌道で投げることはできます。ボール2個を55と投げることも、さして難しくはないでしょう。しかし、555と3つ投げるには、多少の練習が必要になるでしょう。3投ができるようになっても、4投はうまくできないかもしれません。
 このように、少しずつ難度を上げていって、成功率が7~9割くらいの動きに出くわしたら、その動きの成功率を9割以上に高められるよう、試行ごとに微調整を行いつつ、何度も反復します。繰り返しになりますが、きちんとコントロールすることが大事です。

 ただし、ときにはコントロールできる範囲を越えてみることも必要です。5ボールカスケード10キャッチなら、8割程度の確立で成功できるとします。このとき、たとえば20キャッチに挑戦してみることも必要です。考えながら練習しているつもりでも、同じ動きを繰り返していると思考が特定の細部にばかり向かってしまいがちで、その技の全体像を見失ってしまうことがあります。ときには自分の実力の範囲を超えた動きも試してみてください。
 ふだんの練習では、成功率が7割を超えない動きも10回に1回くらいは試みるようにしています。今回の動画では、864の10周期などがそれにあたります。

 以上に述べてきたことと関連しているのですが、元の状態に戻れることも大事です。カスケードやファウンテンといった基本パターンなら回収へ、サイトスワップやボディースローといった特殊なパターンなら基本パターンへと戻るようにします。
 これは、ボールをきちんとコントロールできていることを確認するためです。コントロールできているならば、元の状態にも戻れるはずです。戻れなくとも、軌道やリズムが正しくないということに気づくことができるので、何が問題なのかを突き止めるきっかけをつくることができます。

保持時間

★要点

・保持時間を短くすると軌道を低くできる
・保持時間を短くするとキャッチの準備につかえる時間が長くなる
・コントロールを維持でき、体力が許す限りは、保持時間は短いほうがよい

●保持時間の長短と軌道の高さ

 ボールをキャッチしてからスローするまでの時間、つまりボールを手に掴んでいる時間を、保持時間と呼ぶことにします。ここでは、この保持時間の長短がジャグリングにどのように影響してくるのかを考えていきます。
 まず、理想的な保持時間がどのように決まるかを考えてみましょう。これは当然、軌道の高さによって左右されます。
 軌道が高ければ、ボールが落ちてくるまでの時間の余裕が大きくなりますから、保持時間を長くするのがよいでしょう。保持時間が長いと、同じ高さに投げるにしてもコントロールが容易になります。ただし、軌道が高いとそれだけ精度の高いスローが要求されます。
 反対に軌道が低ければ、リズムが速くなるので、スローの精度が多少犠牲になっても、保持時間を短くする必要があります。ただし、低い軌道のスローは多少精度が悪くても落下位置やリズムが大幅にずれることはありません。
 ところで、以上に述べたような、軌道の高さによって保持時間が決まるという考え方がある一方で、逆に保持時間の長短から軌道の望ましい高さが決まると考えることもできます。
 軌道の高さと保持時間の長さは、表裏一体のものです。保持時間が長いなら、軌道はそれに見合う高さにしなければなりません。保持時間が短ければ、軌道を低くしてスローを容易にするほうがよいです。
 さて、ここで意識していただきたいのは、このように軌道と保持時間とが一体のものであれば、高いスローの精度を高める練習と同様に、保持時間を短くする練習も有効であるということです。この後者の練習をしっかり行なっているジャグラーは、あまり多くないように思います。

●保持時間を短くすることのメリットとデメリット

 保持時間を短くできることには、重要なメリットがあります。
 第1に、すでに述べたことですが、軌道を低くすることが可能になります。スローは低いほうがコントロールが容易ですから、これは安定感の向上につながります。
 第2に、キャッチの準備をするための時間の余裕を大きくすることができます。保持時間が長いと、ボールをスローするころには、次のキャッチすべきボールが、低くまで落ちてきてしまっていることになります。すると、キャッチにかけることのできる時間が短くなってしまいます。しかし保持時間が短ければ、スローからキャッチまでに余裕ができるので、より確実にキャッチすることができます。
 こういったメリットがあるので、必要なスロー精度を維持できる限りは、保持時間は短ければ短いほど望ましいと言えます。ですから、保持時間を短くする練習も、上達のためには欠かせません。とくに、精確なコントロールが要求される技ほど、高いスローを安定させることを目指すよりは、保持時間を短くして軌道を低くするほうがよい場合が多いです。
 もちろん、軌道を低くすることにはデメリットもあります。それは、体力を消耗するということです。これは、リズムが速くなってそのぶん腕を早く動かさねばならない以上、仕方のないことです。
 ウエイトトレーニングをして筋力をつければ高いスローが楽に投げられるという意見をよく耳にします。それはたしかにそうですが、筋力を高めることのメリットは、むしろ低い軌道で投げつづけられるようになることのほうが大きいと考えています。

●保持時間を短くするための練習

 最後に保持時間を短くする練習の仕方について述べておくことにします。
 まず、低い軌道で投げれば、そのぶんリズムが速くなり、したがって保持時間も短くなります。これが一番直感的な練習方法で、また必要な方法でもあります。
 たとえば、単純にカスケードやファウンテンの軌道を低くしていけばよいです。この練習は、まずはある程度つづけられる個数(平均キャッチ数が100を超える個数)で実践してください。ふつうにやってもつづけられないパターンで試みても、スローの精度を維持しているかどうか判断できませんので。
 このように軌道を低くする練習も有効ですが、コントロールの精度を維持しつつ保持時間を短くしていくことが課題なのですから、やはりコントロールの難しい高い軌道のスローにおいて保持時間を短くする練習のほうが、より有意義なはずです。高い軌道を維持しつつも、ボールが落ちてくるのを待たずに、次々に投げ返します
 これは、まずは55500、666600、7777700(いわゆるフラッシュ)といったパターンで練習するのがよいでしょう。スローの間隔をカスケード/ファウンテンと同じままにして、これらのパターンを行います。これもやはり、きちんとつづけられる個数で行なうことが大事です。

雑記:20121013_JJF2012

 もう一週間ちかく経ってしまいましたが、JJF2012についていくらか書いておきます。

●チャンピオンシップ

 今回は昨年と違って万全の体調で望むことができたのですが、またミスが目立つ結果になってしまいました。とくに、技自体は成功しているのにその後の回収などで失敗する場面が多くて、技術の不足と同時に注意力のなさを悔しく思います。
 ただ、今回は今までやってきたなかでも一番気合の入ったパフォーマンスをすることができたので、自分としてはそれなりに満足しています。次々に技を繰り出すスタイルのジャグリングを披露することはこれを最後にするつもりだったので、その点でも、悔いが残らなくてよかったです。
 実は最近、自分が上達しているという実感があって、やりたいけれどもできないと思っていたようなことにも挑戦を始めました。次の3月で大学院は卒業ですが、チャンピオンシップには来年以降も都合のつく限り挑戦するつもりです。とくに、今回優勝したやなぞー君はマラバリスタの同期で、負けてしまって悔しいので(^^;

●ワークショップ

 7日の11時から、ボールジャグリングのワークショップを開講しました。
 今回は参加者全員の前で練習中の技を披露していただくという形式をとったのですが、なかなか人前に立ってジャグリングをするというのはハードルが高かったようです。そんな中、前に出てきてくださった方や発言をしてくださった方もいらっしゃって、大変ありがたく思いました。
 ただ、やはりワークショップは普段の練習とは違う刺激を受けられる機会ですので、他の講師のものも含めて、もっと積極的に参加していただいたほうが、ご自身にとっても講師にとってもより有益になるはずです。
 今回は状況に応じて適宜話をして、去年のようなある程度まとまりのある話はしなかったので、まとめを書くことはしません。ただ、いくつか言いそびれたこともあったので、ここで少し触れておきます。それぞれ、そのうち個別に記事を立てて詳しく書くつもりです(例によって、いつになるかはわかりませんが…)。
 ・練習すること挑戦することを区別することが大事です。技を単に成功させることが目的なら、ひたすら繰り返して挑戦するのが最も手っ取り早いです。しかし、ただ繰り返すことが技術向上のための最善の手段であるとは限らないはずです。
 ・ボールの保持時間(ボールをキャッチしてからスローするまでの時間)をできる限り短くすることが重要です。保持時間が短いということは、スローしてから次のボールをキャッチするまでの時間を長くできるということで、そうするとキャッチの成功率を高めることができ、また、リズムの維持が容易になります。
 ・ボールを「投げる」という意識はもたないほうがよいと思います。ぼくはたとえば5ボールカスケードをやるときは、ボールを投げてはいても、投げようとは思っていません。なぜかボールが勝手に空中に上がっていく、という感覚をただ維持しつづけているだけです。安定したジャグリングは、動作というよりは状態です。

●会場での練習

 今回のJJFではあまり練習できなかったのですが、それでも練習しているといろいろな人から声をかけていただいて、ありがたく思います。周りのレベルが上がると自分のモチベーション向上にもつながるので、個人的にはアドバイスを求められればできるだけお応えしたいです。他の多くのジャグラーも頼られて悪い気はしないでしょうから、ステージに立つ直前などでない限りは、JJFのような場では、やりたい技をやっているジャグラーを見かけたら積極的に話しかけてみるとよいでしょう。
 今回はとくに4ボールや5ボールのオーバーヘッドについて訊かれることが多かったので、そのうち記事を書くつもりです。他には、サイトスワップ系のパターンについて訊かれることも多かったのですが、多くのサイトスワップはカスケードやファウンテンといった基礎パターンがしっかりできていればすぐに形にできるものですので、個別に記事を書くことはないかもしれません。ただ、基本的な練習方法は共通ですので、たとえば744について書いた練習方法は他のパターンにも流用できます。
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。