スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ詳細_JJF 2012

今年も、JJFにてワークショップを開講させていただけることになりました。
以下に詳細を記載します。適宜情報をアップデートしていく予定です
ご意見・ご質問・ご要望はこの記事へのコメントかメールにてお願いします。できるかぎり反映します。

※時間がフリーパフォーマンスなどと重なってしまったので、参加者が予定より少ない場合は、もっと個々人の希望を反映できるものに内容を変更するかもしれません。

●ワークショップ名
ボールジャグリング ~弱点の発見と克服~

●日時・場所
7日 11:00~12:00
第4体育館

●意義・目的
 上級ジャグラーの動きを研究すれば、理想的なリズム・タイミング・軌道などの知識を得ることができます。しかし、こういった知識を自分の練習に応用しようとしても、自分がきちんとその知識通りに動いているのかどうかは、なかなかうまく把握できないものです。そこで、このワークショップでは、
1.失敗の原因を把握できるようになること
2.それを解決するための練習方法を考案できるようになること
を目標として、体の動きを理想に近づけていくことにつなげていきたいと思います。
 自分がジャグリングをする姿はビデオを使わなければ見ることができませんので、このワークショップでは、参加者の中から希望者を募って全員の前で技を披露していただき、参加者の皆さんに改善すべき点を考えていただく、という形式をとろうと思います。他者のジャグリングを見て改善点を指摘できるようになれは、それを自分自身の練習に応用することもできるようになるはずです。

●対象者
・初心者 ~ 5ボールカスケード安定を目指しているくらいのかた
・全くの初心者でも構いません。
・上限としては、5ボールカスケードが平均1000キャッチを超えないくらいのかたまでを想定しています。

●進行
1.基本パターン編(25分程度)
・まずは皆さんにジャグリングの基本であるカスケードおよびファウンテンを実践していただきます。
・はじめに、安定して投げつづけることができる個数のボールで、フォームやリズムの基礎を解説していきます。その後、ボールを1つ、さらに2つ増やしての練習も行います。
・時間に余裕があれば、数人に、全員の前で披露していただきたいと思います。そのさい、どこを改善すべきか、どのように改善すべきかなど、参加者の皆さんに意見を求めます。もちろん私からもコメントをいたします。

2.応用パターン編(25分程度)
・後半は、希望者に技を披露していただいて、それについて全員で議論するという、思考訓練が中心になります。
・1人あたり3分程度時間をとって、7~8人の方に技を披露していただきたいと思います。それに対して、皆さんに改善点を考え、提案していただきます。
・技は、周期の長すぎるサイトスワップや特殊なボディースローなどはできれば避けていただきたいですが、原則としてはどんなものでも構いません。練習をつづけているけれどなかなか上達しないとお悩みの技を、ぜひ紹介してみてください。

●諸注意
・ボールはご持参ください。
・話題が多岐にわたると思われますので、ノートやビデオなど、記録できるものがあるとよいかもしれません。
・ビデオの撮影は、講師の説明・動作に関しては全面的に可とします。技を披露してくださる受講者に関しては、各人に私からそのつど確認をとります。インターネット上へのアップロードなどはすべて禁止とします。
・見学だけでも歓迎いたしますので、気軽にご参加ください。ただし、技の披露や発言など、積極的に参加していただいたほうが、より深い理解につながると思います。
・フリーパフォーマンス及びジャグリング検定と同じ時間帯での開講となります。その終了後から途中参加していただいても構いません。ただし、説明を繰り返すことはできませんので、その点はご了承ください。
スポンサーサイト

雑記:20120810_EJC2012

7月28日から8月5日にかけて、ポーランドのルブリンで開催されたEJC (European Juggling Convention)に参加してきました。
レポートなどするかどうかわかりませんが、とりあえずは、来年以降の参加に興味がある方のために、若干のコメントを残しておきます。

まず、参加登録は事前に(今年は5月末まで)行います。ただし、予約なしでも現地で当日券を買えます。もちろん当日券のほうが若干高いので、確実に参加できるなら予約したほうがよいです。

宿泊について。大体の人がテントを持参してきます。ぼくもテント泊でした。ただ、慣れないテント泊で体調を壊す人もいるので、お金に余裕があるならホテル泊も検討してみたほうがよいかもしれません。来年はフランスのトゥールーズで開催されますが、トゥールーズにはホテルはたくさんありますし、ユースホステルもあったはずです。ただし、ユースホステルは、かなり早いうちに予約しなければ、ベッド/部屋を確保できないと思います。

食事について。サイト内に屋台やバー、マーケットが設置されます。ただし、今年はあまり多くの種類の料理はなかったと思います。興味が無いのできちんとは確認しませんでしたが。また、サイト外の普通のスーパーなどのほうが安いはずなので、節約したい場合はそちらをおすすめします。なお、来年は食事について力を入れるとスタッフのかたがおっしゃっていました。

生活リズムについて。イベントは基本的には昼の12時頃から始まって、24時ごろに終わります。それ以降もレネゲードは行われていました。深夜までジムに居残る人たちは、大体3~4時くらいまでいたそうです。ジムに人が集まり始めるのは11時頃からですので、3時に寝て10時に起きるくらいの生活リズムが、一番EJCを満喫できると思います。ぼくはそれが無理なので、22時くらいに寝て6時に起きていました。6時だとジムを独り占めできます。メリットはありませんが。

トイレ・シャワーについて。今年は十分な数が確保されていました、が、排水管が詰まるなどのトラブルが多発していました。日本のように清潔ではありません。ただ、そのうち慣れると思います。ちなみに、環境整備にはスタッフ・ボランティアの方々が取り組んでおられましたが、人手が足りていませんでした。ぼくはボランティア登録はしておらず、早朝のゴミ掃除とシャワーの排水改善くらいしか手伝っていないので偉そうなことは言えないのですが、時間があればボランティアに参加してみるのもよいかもしれません。
洗濯は、洗面台もしくはシャワーでするしかありません。洗面台はあまり清潔でなかったので、ぼくはシャワーのときに一緒に下着とシャツを洗っていました。数日分をまとめて洗うのはかえって難しいので、服は3枚ずつくらいにして毎日洗うか、もしくは日数分の着替えを用意して洗濯は諦めるかのいずれかがよいと思います。ちなみに、ちゃんとしたテントと寝袋があるなら、シャツ1枚でも夜も寒くはありません。防寒対策は、早朝から活動するタイプの人のみ、フリースを1枚もっていれば十分かと思います。

ジムについて。ジムは土足なので、床がかなり汚れます。道具があっという間に黒くなってしまいますので、覚悟をしておかねばなりません。屋外で練習するほうがずっと清潔なくらいです。ぼくはボールが汚れるのが嫌であまり練習しなかったのですが、ヨーロッパの人たちはほとんど気にしないようでした。

道具販売について。ヨーロッパのメーカー各社が会場内に店を構えるので、道具を現地調達することも可能です。新製品や特価品もあり、通常品の値段も、当然ですが日本で買うよりは安いです。ただし、新品でもEJCのジムで使うとすぐに汚れてしまいます。

オープンステージについて。オープンステージは基本的に誰でも出られます。しかし、大部分の出演者がその道で生計を立てている人やサーカス学校所属者で、衣装も小道具も音楽も振り付けもかなりこだわっており、敷居は低くはありません。
ただし、そういった人達全員が技術的に優れているわけでもありません。演出ではなく技を見せるタイプの演技は少なく、たとえば力押しのトスジャグリングは、7日間計70弱の出場者のうち、7~8人しかいませんでした。道具別の割合では、コンタクトが3割、フープが1割5分と圧倒的に多く、あとはディアボロ、エアリアル系、一輪車・自転車など乗り物系、ポイなどが3人ずつくらいいたような具合です。ですから、観客もコンタクトなどは食傷気味で、スタッフもかえって普通のジャグリングを求めていましたから、なにも特別な演出が必要なわけではありません。逆に出演者の多い演目では、3日目くらいまでの早い段階で出演の申請をしなければ、出演を断られてしまう可能性が高いです。

他にも参考になりそうなことはいろいろあるでしょうが、そもそもEJCに興味を持っている人は日本には大していないと思うので、このくらいにしておきます。気になることがあったら気軽に訊いてください。
とりあえず一番注意しておくべきことを繰り返すと、EJCの会場はJJFとは違って清潔ではありません。体調を崩す人もかなり多かったですし、ぼく自身も喉と腹の具合が多少悪くなりました。風邪薬と整腸剤は必ずもっていくべきです。
そういったいくらかのマイナス面を除けば、EJCはジャグラーにとって非常に刺激的な場です。受付を済ませて会場に入るやいなや、4ディアウインドミルを3人が同時にやっているのが目に入ってきて、度肝を抜かれました。逆に、ヨーロッパのジャグラーたちも日本のジャグリングに興味をもっています。ヨーロッパのジャグリングを吸収したいという意欲のある方、自分のジャグリングでヨーロッパの人びとをあっと言わせたいという気概のある方は、参加してみてはいかがでしょうか。
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。