スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3:オーバーヘッドカスケード

★要点

・顔の上ではなく前で投げる
・肘は横に出す
・手は楕円運動
・ボールは人差指と親指で支える

●動画



1.徐々に高くしてオーバーヘッド
2.ハイアップからのオーバーヘッド
3.横から

●導入

 オーバーヘッドは、ボディスローの中でも比較的とっつきやすいものです。アンダーザレッグは長時間練習するとかなり疲れますし、バッククロスやオーバーザショルダーはコントロールが非常に難しいですが、オーバーヘッドは、コツをつかめばそれほど体力を消耗しませんし、腕の動きがよく見えるのでコントロールもオーバーヘッド程難しくはありません。
 それでも普通のスローとは一見して違うことがわかるので、一般の観客へのうけもなかなか良いです。また、得意としているジャグラーが日本にはあまりいないので、狙い目のテクニックでもあります。

●練習方法

○腕の位置:顔の前

 練習をはじめる前に、投げ方をよく理解しておく必要があります。まずは腕の位置から。
 オーバーヘッドと名付けられてはいますが、普通は腕の位置は顔の前になります。練習を始めたばかりの人はよく本当に顔の上で投げていますが、これではかなり腕に負担がかかりますし、キャッチに失敗するとボールが顔に直撃する危険があります。また、通常のスローと腕の位置の違いが大きすぎるので、移行が難しくなります。腕は顔の前におくのが基本です。

○腕の形:肘を横に開く

 オーバーヘッドでの腕の形は、2種類あります。1つは、肘を前に突き出して、前腕を前後に開閉する投げ方で、もう1つは、肘を横に出して、前腕を左右に開閉する投げ方です。上級ジャグラーは、一般に後者の投げ方をしています。アンソニー・ガットーやジェイソン・ガーフィールドなどです。前者の投げ方を採用しているのは、トーマス・ディーツくらいです。
 ぼくも一般的な、後者の投げ方を採用しています。それぞれのメリットとデメリットを挙げると、以下のようになります。
肘を前に出す投げ方
 メリット
 ・力を加えやすい
 ・野球などの投げ方に感覚がやや近い
 デメリット
 ・顔の上でボールを投げることになりやすい
 ・肘関節だけで投げようとすると前後へのコントロールが難しい
 ・基本スローとは投げ方が根本的に異なる
肘を横に出す投げ方
 メリット
 ・基本スローでの手の円運動と動きが近い
 ・基本スローと手の前後位置がほぼ同じ
 ・肘関節だけで投げても軌道が前後へずれることが少ない
 デメリット
 ・他のスポーツにはあまりない動きなので、慣れるのに時間がかかる
 ・ボールの左右へのコントロールがやや難しい
実際に試していただければ、ここで述べたことの意味が理解していただけると思います。ポイントは、肘を横に出す投げ方のほうが、通常のスローとの違いが少ないということです。日常ではあまりやることのない動かし方なので、慣れるまでには時間がかかりますが、いったん覚えてしまえば安定感はずっと高くなるはずです。

○手の使い方:ボールを人差し指で支える

 通常の投げ方であれば、主に中指と薬指でボールを支えていると思います。オーバーヘッドでは、人差し指と親指が下にくる向きにして、この二本の上にボールを載せます。
 オーバーヘッドは通常のスローに比べて力を加えにくいので、投げる瞬間には、指先でしっかりボールに力を伝えます。ただし、指を曲げてボールを押し出す必要はありません。これをすると、たしかに多少高く投げられるかもしれませんが、コントロールが難しくなります。投げる瞬間に指先を多少緊張させるくらいでよいです。

○移行の仕方

 通常のカスケードからの移行法で一般的なのは、カスケードを徐々に高くしてオーバーヘッドに移るやり方と、1つのボールを高く投げ、そのすきにオーバーヘッドの形を準備するやり方の2通りがあります。人によって違いはあるでしょうが、おそらく、最初は後者のやり方のほうがやりやすいと思います。ある程度慣れてくると、前者のほうが安定度を高めやすいです。いずれも試してみて、自分に合う方法を見つけてください。

○腕の動かし方:(楕)円運動を意識

 まず、通常のスローと同じで、肘の位置はできるだけ動かさないほうがよいです。動かす関節を少なくすることで、リプロダクション(動きの再現)が容易になるからです。
 前腕の動きも、通常のスローと同じで、手で円を描くことを意識します。もちろん、肩・肘・手の位置関係から、手を完全に円運動させることは不可能です。実際には楕円のような動きになります。大事なのは、車のワイパーのような単純な行き帰りの運動ではない、ということです。あくまで円運動を意識してください。
 はじめのうちはボールのキャッチからスローまでがスムーズにできず、ボールの保持時間がどうしても長くなってしまいがちです。これは、オーバーヘッドの動きに慣れていないせいかもしれませんが、おそらく手がきちんと回転運動をしていないためだと思われます。
 手に円運動をさせるには、前腕をやや正面に向けつつ下ろす必要があります。はじめはこの動きを意識的に行うことが大事かもしれません。
 また、肘の位置はできる限り動かさないほうがよいと書きましたが、実際には、手の楕円運動を実現するために、肩関節を多少動かす必要があります。具体的には、手を下ろすさいに肩関節も多少下げることになります。動画を見ていただければ、肩が多少動いているのが分かると思います。

●視線と意識

 視線と意識の使い方は、通常のカスケードと変わりません。
 通常のスローから移行する場合、視線の移動が大きくなります。
スポンサーサイト
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。