スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードを用いたパターンの管理:カードの整理と書式

 ここでは、自分が実際にどのようなパターン管理用カードを作っているのかを紹介します。
 パターンをある程度網羅的に記入していくには、あらかじめカードを多めに準備しておくのがよいです。細かいパターンまで収録していくのなら、4ボールや5ボールではそれぞれ200枚以上必要になります。5ボールのアシンクロ1~3桁非マルチプレックスのサイトスワップを数えてみたら、これだけでも36ありました。4桁以上のものやシンクロ、さらにマルチプレックスまで含めていくと、この数は爆発的に増えます。 どのくらいの枚数が必要になるかは実際にやってみなければ検討がつけにくいので、カードを準備する前に、自身が管理しようと思うパターンを一部だけでも書きだしてみるとよいです。

 さて、肝腎のカードですが、ぼくはコレクト社製B6京大式を使っています。大学での研究などに使っているものを流用しているのでこのカードなのですが、パターン管理のためだけなら、もう少し小さいものでも構わないと思います。100枚500円なので、大量に準備すると値が張ります。代用できるもっと安価なものがあれば、そちらを用いたほうがよいです。どのようなものでも構わないでしょうが、ある程度厚みがなければ、取り扱いにくいと思います。
 カードと同時に、それを入れる箱も用意します。文具店には専用のものもありますが、100円ショップでプラスチック製の調度よい幅のものが見つかると思います。コミック用のボックスも丁度よい大きさのはずです。

 カードの具体的な記入例は、以下の写真を参照してください。ここには、5と831の2枚を載せました。
carte_5

carte_831
 ご覧のとおり、書式は、
  見出し:サイトスワップ
  見出し左:分類
  1行目:パターン名
  2行目:基本パターンからの移行法
  3行目以降:自由記入欄(主にヴァリエーション、メモなど)
としています。
 自分が使いやすいことが一番なので、項目は各自工夫していただければと思います。ただ、項目をあまり細かく決めてしまうと、融通がきかなくなってかえって使いにくくなるかもしれません。

 さて、書き方が自由だとは言っても、やはりこれはやっておいたほうがよいだろうというポイントはあるので、参考までに記しておきます。
 まずは、見出しはサイトスワップにする、ということです。これは検索の便のためです。もちろん、名前のついているパターンならそれを書けばいいのでしょうが、一般的な名前のあるパターンよりは、名前のないパターンのほうが圧倒的に(無限に)多いので、サイトスワップで統一する方がスマートです。
 サイトスワップの各桁の数字は回転可能ですが、数字として一番大きくなるような順番を採用するとよいでしょう。たとえば、447や474ではなく744とします。このように統一しておかないと、せっかくカードシステムを採用したのに、検索がうまくできなくなってしまいます。
 カードの収納のさいには、並べ替えが必要です。これもきちんと順番を決めておくことが大事です。ぼくは、「ボールの個数→シンクロ/アシンクロ→サイトスワップ桁数」と分類して、あとはサイトスワップの小さい順に並べています。もっと細かいところまで言うと、シンクロで同じ数字ならxがついているもののほうが大きいとみなします。マルチなら、[]内の最大の数字を採用し、それが同じなら2番目以降のもので大小を決定します。つまり、6>[54]>[53]>5のように考えます。
 項目については、基本パターンから直接に移行できないパターンには、必ずカード作成時に基本パターンからの移行法も考え、記入しておくべきです。これをやっておかないと、練習に出かけても、実際に試してみるまでに一手間かけなければならなくなります。上図の831の例でしたら、(6)831というのは...44446831831...と、(833)831なら....4444833831831...と移行できることを意味しています。
 それから、特別なパターンには印をつけておくと、とくにルーチン作成のときに大変役に立ちます。ぼくの場合は、できるパターンには○、できてルーチンに入れたいパターンには◎、できないけれどルーチンに入れたいパターンには△を記入しています。ルーチンを作るときには、多くのパターンの中からより望ましいものを選んでいくことが大事になるので、このように印をつけると検索のときに参考になります。
スポンサーサイト
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。