スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4x,4x):ウィンピー

★要点

・左右の手のスロー位置をずらす。高く投げるほうの手の位置を高く外側に、低く投げるほうの手の位置を低く内側に。
・まずは左右差を大きくしてリズムをつかむ。慣れてきたら差をだんだん小さくしていく。

●動画


1.ふつうに(4x,4x)。
2.1投ずつ、2投ずつ…。
3.シンクロファウンテンから。
4.ヴァリエーション、ハーフシャワー。
5.ヴァリエーション、リバース。

●導入

 ボール同士がぶつからないようにタイミングやスロー位置をずらすのがやや難しいですが、一度その動きをつかんでしまえば難度はファウンテンと大して変わりません。手を左右に振る幅はあまり大きくないので、人によってはファウンテンより簡単に感じるかもしれません。

●練習方法

 左右のボールを微妙にずらし、ぶつからないように投げねばなりません。まずは左右1投ずつで、この投げ方を見につけていきます。
 ずらし方はさまざまありますし、やりやすい方法は人によって違うと思います。主なものは、投げるタイミングをずらす、軌道の高さをずらす、前後にずらす、などで、またこれらを組み合わせることも考えられます。ただ、前後にずらすやり方はコントロールが難しくなるのであまり薦めません。

 ここでは自分がやっている方法を紹介します。左右いずれかのボールをやや高めに投げるので、まずはどちらを高くするかを決めます。ぼくの場合は左手から投げるボールをやや高くしています。
 どちらを高くするかを決めたら、次はスローの位置を調節します。ボールがぶつかりにくくするには、高く投げるほうの手は高め・外側から、低く投げるほうの手は低め・内側から投げます。このように、スロー位置の上下差・左右差を大きくとれば、同じタイミングでスローしてもボール同士は衝突しません。もちろん、あまり差をつけすぎるとハーフシャワーのようになって軌道がほとんど交差しなくなり、違う技のように見えてしまいます。何度も試して、左右の対称性とぶつかりにくさがある程度両立できる位置を探すとよいです。
 左右1投ずつができたら、2投ずつ、3投ずつのように少しずつ回数を増やしていきます。始めはあまり見栄えのことは気にせず、左右のスロー位置の差を大きくしたほうがよいです。リズムをつかむことができれば、差を縮めていくことはそれほど困難ではありません。

 軌道の高さやリズムがつかみにくいなら、シンクロファウンテンからの練習が有効かもしれません。シンクロファウンテンを行っている状態から、同じようにまず左右1投ずつ、ついで2投ずつといったように(4x,4x)をはさみます。シンクロファウンテンも(4x,4x)もリズムは同じなので、手の動きが止まったり逆に速くなったりしないよう注意してください。膝で一定のリズムをとり続けると、動きがスムーズになるかもしれません。
 あるいは、シンクロのリズムでのハーフシャワーを先に練習するのも手です。ハーフシャワーは外側から投げるのが難しいですが、軌道が交わらないためボール同士がぶつかるリスクが低く、スローの感覚を掴むのにはよいです。
 
 なお、このパターンは左右対称のように見えても実際には非対称性の強いパターンですので、スローに悪い癖がつかないように、右手から高く投げる場合と左手から高く投げる場合のいずれも練習しておくほうがよいかもしれません。

●視線と意識

 視線は、軌道の交点から頂点までのあいだのいずれかの高さにおけばよいです。
 シンクロのパターンなのでキャッチがやや難しいため、ボールが上昇する過程よりも落下する過程により多く意識を向けるとドロップしにくくなると思います。はじめはボール同士がぶつからないかどうか気になると思いますが、スローに十分慣れればこういった心配はしなくてよいようになるはずです。
スポンサーサイト

練習記:20110306

15:00-17:00 御殿下

ガットーは、TBTB1では脇をかなり締めているように見えて、一方TBTB2以降では肘が体側面からやや離れているように見える。今まで何度か書いてきたことだけれど、ぼく自身は脇を完全に締めてしまったほうがよいと考えている。でも今のガットーは締めていないように見えるので、レベルアップを図るには脇を開くフォームを身につけねばならないのではないかとも思っていた。それで、肘をもっと外におこうとこれまで何度も試みて来たのだけれど、そのたびに失敗。最近もまたアプローチを試みて、そのせいでかなり調子が崩れてしまっていた。
けれども、ガットーの7ボールワークショップの動画を見たら、「elbows in」と言っていた。ということは、脇を締めていないように見えるのは体格が変わったせいなのだろうか。それはともかく、これを聞いて喜々として練習に出かけたところ、調子がいっぺんに戻った。まあ以前の投げ方に戻しただけなので当たり前ではあるのだけれど、ともかく、これで少なくとも脇を締めるか締めないかということで悩む必要がなくなった。

[54]24:マルチプレックス(2)

★要点

・ステップごとに練習。左左、右右の最小単位を練習してから、これをつなげて徐々に長くしていく。
・[54]をしっかり左右に投げ分けることが大事。スローに合わせて体を左右に動かすとよいかも。

●動画


1.ふつうに[54]24。
2.ステップごとの練習。

●導入

 [54][22]2を1段階難しくしたもので、ガットーがルーチンに入れていることで有名なパターンです。手順を覚えるまではとても複雑に感じますが、覚えてしまえば{54][22]2と比べてもそれほど難しいわけではありません。ただし、ボール同士の衝突の確率は高まるので安定感を出すには時間がかかります。5ボールのヴァリエーションに挑戦を始めたら、早い段階で練習しておきたいパターンです。

●練習方法

 [54][22]2ができることが前提ですので、できない場合はまずそちらを練習してください。

 見た目は複雑ですので、ステップを分解して理解し、とくに腕を動かす順番に気をつけることが大事です。
 動きを理解していない段階ではカスケードから移行しようとしてもうまくできないので、まず直接パターンに入るやり方を練習します。片手に3個、もう片方の手に2個ボールを持ち、3個持っているほうの手から1個だけを投げ上げます。このボールが空中にある状態が、スタート地点です。このパターンでは右右左左右右左左と、片手で2回ずつ投げるので、まずは片手ずつ、2投ごとに練習しましょう。
 動画の2つ目のパートを見てください。最初の1個のボールを右手から左手に向けて投げる場合は、次は左手の2個のボールの一方を5、もう一方を4の軌道で同時に投げ、次いで最初の右手からのボールを4の軌道で投げます。このステップが最小単位です。左右両方とも、体が自然に動くまで繰り返し練習しましょう。
 これができたら、今度は左左右右あるいは右右左左のように、2単位連続で投げる練習をします。次にどの手で投げるか、ということにしっかり注意していれば、落ちてきたボールを投げ返すのかそれとも手に収めたままにするのか、容易に判断できるはずです。2単位連続が左→右も右→左もいずれもできれば、それをつなげてさらに連続で続けられます。

 以上の手順を踏めば、投げる順番は確実に理解できるはずです。[54][22]2がすでにきれいにできていれば、この時点で[54]24もある程度は続けられるはずです。
 しかしそうでない場合は、ボール同士が衝突してしまったり、あるいは衝突を回避しようとして形が崩れてしまったりしがちです。これに関しては、[54]をどれだけうまく投げられるかにかかっています。2つのボールをしっかり左右に投げ分けることができれば、そのスペースに余裕をもって4を投げ上げることができます。ボール同士がぶつかったり形が崩れたりする場合は、とりあえずボールを2個だけ使って、[54]を左右に広く投げ分ける練習をしてみてください。
 また、補助的に体を左右に動かすのも有効です。右手から2個投げるときには同時に体重を左に、左手から2個投げるときには右にかけてみてください。こうすると、体重移動で[54]の5を投げた手とは反対側に飛ばしやすくなりますし、空間を左右に大きく使えるのでボールを投げるスペースにも余裕ができます。

●視線と意識

 視線は5カスケードと同じかそれよりやや低いくらいの位置に固定したほうがよいと思いますが、周期3のうち1つが2なので、スローにあわせて視線を左右に動かす余裕がないわけではありません。固定してやりにくく感じるなら、動かしてみてください。
 意識は、2つの4に重点をおきます。5が一番高いわけですが、これは[54]を投げるまでの「ため」の過程で位置を確認する時間が十分にあるので、それほど意識しなくてもキャッチできます。
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。