スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4,4)(4,0):1アップ2アップ

★要点

・視線は中央のボールの頂点付近に向けて動かさない。
・中央のボールをキャッチする手を入れ換える場合は、中央のボールだけ高めに投げて余裕をつくる。

●動画



1.ふつうに1アップ2アップ。
2.2イン1ハンドのコラム。ふつうに→1個だけ回すように→1個だけ高く。
3.中央の手を入れ換える練習。中央のボールだけ高めに。
4.ヴァリエーションをいくつか。

●導入

 シンクロリズムのパターン(左右の腕を同時に動かすパターン)としても、またボールを垂直に投げ上げるパターンとしても、他のパターンの基礎となる技ですので、ジャグリングをはじめたらできるだけ早い段階から練習しておくことが望ましいです。
 動画では中央のボールをキャッチする手を入れ換えていますが、入れ換えなくとも1アップ2アップと見なせます(むしろ、そちらのほうが普通かもしれません)。けれども、入れ換えない場合は実質的に2イン1ハンドのコラム(垂直に投げる形)とほとんど変わりませんので、ジャグラーでない人から、簡単だとかずるをしているとか言われてしまいます(そしてたぶんジャグラーからも)。技術的な向上をも視野にいれて、ぜひ手を入れ換えるやり方も修得しましょう。

●練習方法

 上にも書いた通り、まず2イン1ハンドのコラムを身につけることが必要です。ただ、これはひょっとしたらボールを回転させる2イン1ハンドより簡単かもしれません。2イン1ハンドの練習方法については「4:ファウンテン」も参照してください。
 動画の2つ目のパートでコラムの2イン1ハンドを抜き出しています。ボールを垂直に投げ上げるのは簡単なようで実は難しく、慣れないうちはボール同士がぶつかってしまうことが多いと思います。2つのボールのスロー・キャッチ位置を充分に離すことが大事ですが、そうするとキャッチ位置に手を動かさねばという思いから、ボールを内側に投げてしまいがちです。そこで、とりあえずは動画でやっているように、キャッチ位置だけ離してスロー位置は近づける、つまり片方のボールを垂直ではなく外に向けて投げるようにすると、衝突の危険が減らせます。あるいは、片方のボールだけ高めに投げて時間に余裕をつくると、ボールの衝突を避けやすくなります。こういった方法でひとまず投げ方を把握してから、ボール2つとも垂直で同じ高さに飛ぶ2イン1ハンドへと徐々に移行していくと、うまくいくかもしれません。

 コラムの2イン1ハンドができたら、あとは空いているほうの手でボール1個をタイミングを合わせて投げるだけです。2イン1ハンドがある程度しっかりできてさえいれば、これはすんなりとできるはずです。これができない場合は、2イン1ハンドがすでにできているのなら、視線や意識のもち方が適当でないのかもしれません。
 2イン1ハンドのときも1アップ2アップのときも視線の向きは全く同じで、中央のボールの軌道の頂点付近に向けます。ボールを投げるたびに視線を移動させていては絶対にいけません。視線はつねに一点に固定して動かさず、左右のボールは周辺視野でとらえるようにします。はじめは難しく感じるかもしれませんが、これは絶対に必要なステップです。

 2イン1ハンドの形ができたら、今度は中央のボールをキャッチする手を入れ換えていきます。慣れれば何も意識していなくても体が勝手に動いてくれるようになるのですが、はじめはどういう順番で腕を動かせばいいのか考えるのに手間どってしまうと思います。この場合は、動画の3つ目のパートのように、ボールを入れ換えるタイミングで、中央のボールだけ高く投げ上げてみてください。そうすると、その高く投げ上げたボールが落ちてくるまでのあいだに、考える余裕ができると思います。この高く投げ上げるやり方でスムーズに手を入れ換えられるようになれば、すべてのボールを同じ高さに投げるやり方でもできるはずです。
 なお、このやり方は中央のボールだけを高く投げるのがコツで、すべてのボールを高く投げてもそれほど楽にはなりません。というのも、すべてのボールを高く投げると、中央のボールだけを高く投げる場合に比べて、外側のボールをキャッチしてから中央のボールをキャッチするまでの時間が短くなってしまうからです。1アップ2アップに限らず言えることですが、ボールや体の動きが複雑なパターンを理解しようとする場合、すべてのボールを高く投げるよりは、特定のボールだけを高く投げるほうが効率よく余裕をつくれることが多いです。

●視線と意識

 すでに述べましたが、視線は中央のボールの頂点付近に固定します。意識は3つのボールすべてに万遍なくぼんやりと向けて、特定のボールだけに気をとられないようにしましょう。
スポンサーサイト

練習記:20101031

14:00-16:30 御殿下

久しぶりに密度も長さも充分な練習をすることができた。
右手の痛みはもうすっかりなくなった。ただ、リングはまだできそうにない。
ボールはバッククロスと7ボールを中心に。バッククロスは以前より少し軌道を低くすると、リズムが合ったのか、かえって余裕ができた。7ボールはビデオに撮ってみて相変わらず軌道がやや高すぎることが分かったので、少し調節してみた。ただ、低い軌道だと確かに形にはしやすいけれど、カスケード以外のパターンをもっと本格的に練習しはじめるときに対応できなくなってしまいそう。5ボールも高いカスケードができなければ、他のパターンへの移行を自由にこなすことはほとんど不可能だから。

練習記:20101029

11:30-13:00 第一体育館

久しぶりにシリックスで練習。天井が低くてピルエットはあまりできないので、代わりに(?)ハーフピルエットを練習。6662と77722、右手からと左手から、右回りと左回り、計8通り全部やってみた。あたりまえだけれど、どれも大して難しさは変わらないみたい。
最近クラブの調子がよくて、クラブを握っている時間を短くできるようになった。ボールでもそうだけれど、握っている時間が短いということは道具の落下のタイミングと腕が下がるタイミングが一致しているということ、つまり無駄な動きが少ないということ。けれどもまだスローの精度が低いし、タイミングはよくてもキャッチ位置の予測も正確でない。
ちなみに、握る時間を短くする=キャッチのタイミングを合わせるためには、軌道を低くしてリズムを速めた状態での練習が効果的だと思います。

練習記:20101028

16:00-17:30 御殿下(筋トレ)

デッドリフト→クランチ→シュラッグ→体幹サイドベント→リストカール

雨なので筋トレだけ。
いつもと違うバーベルでデッドリフトをやったら、滑りやすかったのか、背よりも先に前腕が疲れてしまった。まあ、いずれにせよ握力は弱いのでもっと鍛えていかなければ。

練習記:20101027

13:30-15:00 御殿下

最近は練習したい技が多すぎるので、というか、できない技を練習したいので、時間が足りない。とりあえずピルエットとバッククロスは最優先なので毎回必ずやるとして、ハーフピルエットとか細かいサイトスワップとかは、日を決めて集中的に練習することにする。

練習記:20101026

13:00-14:00 御殿下

自分の計画どおりに練習ができなくなるかもしれないとちょっと懸念していたことがあったのだけれど、その心配がなくなったので当分は土台作りをつづけられそう。
最近は、投げることよりもキャッチすることに主眼をおいて練習中。2000年ごろのShall We Juggle?でトニー・ダンカンが「スローが正確ならキャッチもできるはず」といった内容のことを言っていて、それは確かにそうなのだけれど、やっぱりキャッチにもうまいへたはある。最近リングで怪我をしたのも、手を下げるタイミングとキャッチのタイミングが一致していなかったのが大きな原因だろうから、しばらくはこのままキャッチ技術の向上を目指していきたい。

14:00-15:30 御殿下(筋トレ)

ベンチプレス→ラットプルダウン→ショルダープレス→レッグプレス→レッグカール→カーフレイズ

3:チョップ

★要点

・キャッチ位置を高く。
・腕は肘ないし肩を中心に円弧を描くように回す。

●動画



1.ふつうにチョップ。
2.単発。キャッチ位置が通常よりかなり高いことに注目。
3.高めの軌道でチョップ。

●前提

・3カスケード100キャッチくらい

●導入

 難度はそれほど高くはないのに、ダイナミックで見栄えがよい、お得なパターンです。とくにクラブでは非常にポピュラーで、IJAなどの大きなコンペティションでもしばしば見かけます。4ボール以上のヴァリエーションはほとんど発展しておらず、現状では応用の場面がありませんが、3ボールではさまざまなパターンの合間にアクセントとして加えることができます。3ボールのレパートリーを増やしたいなら、身につけておいて損はないパターンです。

●練習方法

 一見複雑ですので、まず腕の動きを理解することが大切です。動画の2つ目のパートを見てください。チョップでは軌道をカスケードよりもやや高めにしますが、ここでは分かりやすいように、さらにもう一段階くらい高めに投げています。注目していただきたいのは、チョップをする手のキャッチ位置です。通常のキャッチに比べてかなり高い位置でキャッチしていることが分かると思います。チョップの勘所は腕を振り下ろすところですが、振り下ろすにはまず腕を上げねばなりません。したがって通常の低い位置でキャッチしていたのでは、腕を振り上げてから下ろすという長いプロセスが必要になり、腕のスピードがリズムに追いつかなくなってしまいます。そこで、そもそものキャッチ位置を高くしておいて、あとは振り下ろすだけ、という段階まで準備をしておくのです。
 高い位置でボールをキャッチしたら、次は腕を振り下ろすのですが、このときの腕の動かし方はさまざまにありえ、決まった形というのはありません。ただ、ふつうは肩もしくは肘を中心に、体の中心方向に円弧を描くように回します。腕を真っ直ぐ下ろしたりすると、反対の手で次に投げるボールと接触してしまいやすくなりますが、このように腕を回すとその危険を減らせます。
 スローの位置は、体の中心よりはやや反対の肩側にします。カスケードと同じあたりから投げると、腕にぶつかってしまいます。一連の動きがスムーズになるように、チョップで腕を振り下ろしきった位置が理想的なスロー位置になるよう、腕の動かし方を確認しておくとよいでしょう。

 練習の初期の段階では、動画の3つ目のパートのように、スローを高めにして余裕をもたせるとよいです。動画のように腕を交差させるのが難しければ、最初のうちは、腕は真っ直ぐに振り下ろし、スロー位置はカスケードとほぼ同じにして、カスケードとチョップの中間の動きを覚え、まずリズムだけ身につけるとよいかもしれません。それでもうまく腕を振り下ろせない場合は、とにかくボールを高い位置でキャッチすることにだけ集中してください。高い位置でのキャッチさえできれば、手をスロー位置に移動させる過程で自然に腕を振り下ろすことができるはずです。
 慣れてきたら、軌道をだんだん低くしてリズムを速めていきましょう。ボールが軌道の頂点に来ると同時にキャッチするくらいまで速められるのが理想です。また、腕の動かし方をいろいろ変えてみると、見栄えも変化します。動画には肘から先だけ動かすヴァージョンしか収録していませんが、たとえば肩から動かして腕をもっと大きく振り下ろすと、さらにダイナミックになります。

●視線と意識

 キャッチ位置が他のパターンに比べてかなり高いので、左右に交互に上ってくるボールそれぞれの頂点をしっかり見極めて、確実にキャッチします。はじめは振り下ろす腕が気になってしまうかもしれませんが、キャッチが最優先なので、空中にあるボールだけを見ることが大事です。
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。