スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4x,4x):ウィンピー

★要点

・左右の手のスロー位置をずらす。高く投げるほうの手の位置を高く外側に、低く投げるほうの手の位置を低く内側に。
・まずは左右差を大きくしてリズムをつかむ。慣れてきたら差をだんだん小さくしていく。

●動画


1.ふつうに(4x,4x)。
2.1投ずつ、2投ずつ…。
3.シンクロファウンテンから。
4.ヴァリエーション、ハーフシャワー。
5.ヴァリエーション、リバース。

●導入

 ボール同士がぶつからないようにタイミングやスロー位置をずらすのがやや難しいですが、一度その動きをつかんでしまえば難度はファウンテンと大して変わりません。手を左右に振る幅はあまり大きくないので、人によってはファウンテンより簡単に感じるかもしれません。

●練習方法

 左右のボールを微妙にずらし、ぶつからないように投げねばなりません。まずは左右1投ずつで、この投げ方を見につけていきます。
 ずらし方はさまざまありますし、やりやすい方法は人によって違うと思います。主なものは、投げるタイミングをずらす、軌道の高さをずらす、前後にずらす、などで、またこれらを組み合わせることも考えられます。ただ、前後にずらすやり方はコントロールが難しくなるのであまり薦めません。

 ここでは自分がやっている方法を紹介します。左右いずれかのボールをやや高めに投げるので、まずはどちらを高くするかを決めます。ぼくの場合は左手から投げるボールをやや高くしています。
 どちらを高くするかを決めたら、次はスローの位置を調節します。ボールがぶつかりにくくするには、高く投げるほうの手は高め・外側から、低く投げるほうの手は低め・内側から投げます。このように、スロー位置の上下差・左右差を大きくとれば、同じタイミングでスローしてもボール同士は衝突しません。もちろん、あまり差をつけすぎるとハーフシャワーのようになって軌道がほとんど交差しなくなり、違う技のように見えてしまいます。何度も試して、左右の対称性とぶつかりにくさがある程度両立できる位置を探すとよいです。
 左右1投ずつができたら、2投ずつ、3投ずつのように少しずつ回数を増やしていきます。始めはあまり見栄えのことは気にせず、左右のスロー位置の差を大きくしたほうがよいです。リズムをつかむことができれば、差を縮めていくことはそれほど困難ではありません。

 軌道の高さやリズムがつかみにくいなら、シンクロファウンテンからの練習が有効かもしれません。シンクロファウンテンを行っている状態から、同じようにまず左右1投ずつ、ついで2投ずつといったように(4x,4x)をはさみます。シンクロファウンテンも(4x,4x)もリズムは同じなので、手の動きが止まったり逆に速くなったりしないよう注意してください。膝で一定のリズムをとり続けると、動きがスムーズになるかもしれません。
 あるいは、シンクロのリズムでのハーフシャワーを先に練習するのも手です。ハーフシャワーは外側から投げるのが難しいですが、軌道が交わらないためボール同士がぶつかるリスクが低く、スローの感覚を掴むのにはよいです。
 
 なお、このパターンは左右対称のように見えても実際には非対称性の強いパターンですので、スローに悪い癖がつかないように、右手から高く投げる場合と左手から高く投げる場合のいずれも練習しておくほうがよいかもしれません。

●視線と意識

 視線は、軌道の交点から頂点までのあいだのいずれかの高さにおけばよいです。
 シンクロのパターンなのでキャッチがやや難しいため、ボールが上昇する過程よりも落下する過程により多く意識を向けるとドロップしにくくなると思います。はじめはボール同士がぶつからないかどうか気になると思いますが、スローに十分慣れればこういった心配はしなくてよいようになるはずです。
スポンサーサイト

7441

★要点

・4ファウンテンよりやや速めのリズムで、軌道は低く。
・2投目の4を1投目より少し高くすると余裕ができる。

●動画


1.連続。
2.単発。ファウンテンの4と7441の4の高さの差に注目。

●導入

 あまりシンプルではありませんが、4ボールのサイトスワップの中では人気のあるパターンです。反対の手へのスロー(7)と同じ手へのスロー(4)、それに1と3種類の投げ方を含み、さらに偶数周期なので同じ方向で繰り返すことができますから、スローの練習にも向いています。ルーチン組み込まれることも多く、とくに1を足の下や背中の後ろを通すヴァリエーションは見栄えがよいです。ボール同士が衝突しにくいので見た目よりは難度が低く、練習にもパフォーマンスにも、ステップアップを図るならぜひ身につけておきたいパターンです。

●練習方法

 まずは単発の練習から始めるのがよいでしょう。動画の2パート目(0:27-)を見てください。
 注意して見ていただければ分かると思いますが、7441の4はファウンテンの4よりやや低く投げています。もちろん同じ高さで投げることもできるのですが、そうすると7はかなり高く投げねばなりません。それよりは、多少リズムを速めてでも軌道を全体的にいくらか低くするほうが、コントロールしやすいです。ボールの数が増えるとリズムを速めたほうがやりやすくなるのと同じです。
 初めのうちは、このように4を低く投げるのは難しいと思います。7の勢いにつられて、かえってファウンテンのときより高くなりがちかもしれません。7の勢いにつられてしまうのは、7を投げることに集中するあまり余計に力んでしまうからです。7441については7を高く投げることよりも4を低く投げることのほうが大事ですので、最初は7が低すぎても構いませんから、とにかく脱力して4を低くすることを練習するとよいです。
 それができるようになったら、7を高くすることに意識を向けていくとよいでしょう。7を投げるときに瞬間的に力を発揮するわけですが、このとき腕をしっかり下げるよう気をつけます。ちゃんと腕を下げることができれば反動を使えますし、上向きの加速度を与える距離を長くできます。膝などを使って補助するのもよいです。

 単発の成功率が高まってきたら、連続にも挑戦してみましょう。
 単発がしっかりできれば連続もある程度はできるはずですので練習さえすればちゃんと続くようになるはずですが、連続ならではのコツもあります。動画の1パート目を見ていただければわかるように、44の部分の2投目の4を1投目より少し高めに投げます。こうすると、7を投げるために十分に時間をかけることができますし、リズムが崩れたときにはこの2投目の4をさらに高く投げることで待ち時間をつくってリズムを立て直すこともできます。もちろん意識的に2投目だけを高く投げるのは難しいですが、何度も繰り返すうちに無意識的にできるようになるはずです。

●視線と意識

 高低差のあるパターンですが、視線は動かさないことが望ましいです。4の頂点が視界の下端にぎりぎり入るくらいの位置を見ましょう。1は全く見ずにできねばなりません。
 意識は基本的に4に向けて、7は1投目の4を投げる直前くらいに素早く落下位置を見極めるようにします。

4:ファウンテン

★要点

・脇を軽くしめ、肩から肘までを地面に垂直に固定する。肩で投げないよう注意。
・利き手でない手の2イン1ハンドをしっかり。
・手の左右への振れ幅を大きく。体の中心あたりまで、しっかり手をふる。
・特定のボールを目で追わない。全体をぼんやりと眺める。

●動画



騒がしいけれど気にしない。
1.ふつうに4ファウンテン
2.2イン1ハンド。回すのが難しければ、まずはコラム(平行に投げること)でリズムと高さを身につけることから。3カスケードと同様、素振りから投げるのも有効。

●前提

 ・3カスケード100キャッチくらい

●導入

 3ボールからボールを1つ増やすわけですが、4個から5個へと増やすのが非常に大変なのに比べると、3個と4個のあいだの隔たりはとても小さなもので、早ければ、練習を始めて一週間くらいで、ある程度形にできてしまうのではないでしょうか。それでも、ジャグラーでなくとも3ボールができる人はたいして珍しくない一方で、4つができる人はそれほど多くはありません。この技は、ジャグリングを「やったことがある」人と、ジャグリングを「練習したことがある」人との境界線上に位置づけられそうです。

●練習方法

 このパターンは2イン1ハンド(片手で2つ)を両手で同時にするわけで、したがって2イン1ハンドがどちらの手でもできれば、4ファウンテンも(少なくともほんの少し練習すれば)できるはずです。一方の手だけで投げるのと両手で投げるのとでは難度が違うはずだと思われるかもしれませんが、その差はあるとしてもごくわずかです。そこで、練習をするさいには、2イン1ハンドをそれぞれの手で個別に身につけていく仕方と、いきなり4ファウンテンに挑戦してしまう仕方の、2つのアプローチが考えられます。もちろん、実際には、この両者ともうまくとりいれることが望ましいです。以下、この2つのアプローチのそれぞれについて、注意点やコツなど述べていきます。

 まず片手ずつ練習していく仕方から。この方法のメリットは、投げ方を自覚的に修正していきやすいこと、とくに、苦手なほうの手(ふつう利き手でない手)の練習を集中して行なえるということです。両手で同時に投げる場合は、それぞれの手がどのように動いているかを確認することが難しいですが、片手ずつであれば、正しく投げられているかどうかを見る余裕が生まれるはずです。ミスをした場合でも、次にどのように投げれば修正できそうかなど、考える時間もできます。
 一方デメリットは、左右の手の動きが非対象的になってしまう恐れがあることや、膝のばねに頼って投げてしまいかねないことなどです。片手ずつで練習すると、たとえば右手は体の外側のほうで投げているのに左手は内側のあたりで投げている、といったような、上下左右前後の位置の違いや、腕の左右への振れ幅の違いなどが生じやすいです。また、膝の曲げ伸ばしを使って投げると2イン1ハンドは確かに楽ですが、ファウンテンではいちいち膝を使うわけにはいきません。

 さて、両手で練習することのメリットは、まず、練習の密度が高められることがあります。同じ時間でも単純に倍の回数のスローとキャッチができるのですから、ボールを扱う技術向上の効率は、片手ずつの場合より高くなるはずです。また、両手の動きの違いに対してより自覚的になりやすいですから、左右のバランスの違いが生じにくくなります。
 デメリットは、2イン1ハンドがいずれの手でもできない状態では、練習効率が悪くなる恐れがあることです。2イン1ハンドがある程度はできないと、どのくらいの高さまで投げるべきかとか、どのくらいのリズムで投げるべきかといった知識をもたないことになりますが、両手で同時に投げる過程では、処理しなければならない情報が多くなりますから、高さとかリズムといったまず必要な情報を抽出することが難しくなるかもしれません。

 以上を踏まえたうえで、どのように練習するのが効率がよいかのぼくなりの指針を書くことにします。まず、2イン1ハンドが利き手でいくらかできるのであれば、反対の手での2イン1ハンドを重点的に練習するほうがよいと思います。偶数のパターンに限らず、左右の手の技術的なレベル差が大きすぎると、新しい技の練習をするさいにフォームが左右均等でなくなってしまう危険が高まるからです。いずれの手もまったく同じに使えるくらいに、とまでは言いませんが、少なくとも2イン1ハンドのようなほかの技の土台となるパターンでは、両手ともほとんど同じ精度で投げられることは大切です。
 もし2イン1ハンドがいずれの手でもあまりできないならば、片手ずつ(できるだけ均等に)練習していくのが普通でまた安全なやり方ですが、4ボールシンクロファウンテン(2イン1ハンドを、両手で同じタイミングで投げる)を練習してみるのも手です。アシンクロ(交互に投げる)に比べて、シンクロは理想的な軌道の高さやリズムを見つけやすく、左右の手の動かし方の差もより生じにくいです。また、膝で補助をすることもできますから、そのぶん軌道やリズムを探す余裕が増えます。ただし、あまり膝に頼りすぎるのは、アシンクロの練習の妨げになるかもしれませんから薦められません。
 2イン1ハンドは内から外へと投げるのが理想ですが、腕を回すのは最初は難しいので、まずコラム(ボールを回すのでなく、垂直に左右に投げ分けること)から練習したほうがリズムをつかみやすいかもしれません。

 そのほか注意すべき点は、3カスケードとほとんど同じなのでそちらを参照してください。
 一つ大きく異なるのが、手の左右への動かし方です。3カスケードでは左右への振れ幅はあまり大きくなくてもよいのですが、ファウンテンでは、片手が動くスペースにボール2個をぶつからないように収めなくてはいけませんから、ボールの衝突の危険を減らすために、手の左右への触れ幅をやや広くとることが望ましいです。感覚としては、投げるさいに、腕を体の中心側へ深く差し入れるようなつもりで動かすとよいかもしれません。はじめのうちは、両手とも体の中心軸の前の、まったく同じ位置から投げると、衝突を避けやすくてよいでしょう。

●視線と意識

 詳しくは「視線と意識」のカテゴリーを参照してください。
 3カスケードと同じで、ボールを一つづつ追おうとするのではなく、軌道の全体をぼんやりと捉えておくようにします。視線は、軌道の頂点か、それより少し低いくらいの高さに向け、左右いずれかにずらさないようにします。

●ヴァリエーション

準備中

●上達の目安

 練習開始
  ↓ 1日~1週間
 10キャッチ
  ↓ 3日~3週間
 30キャッチ
  ↓ 2週間~3箇月  
 100キャッチ
  ↓ 1箇月~
 500キャッチ
  ↓ 1箇月~
 1000キャッチ
  ↓ 1箇月~
 3000キャッチ
  ↓ 1箇月~
 安定

早ければ半年くらいで安定させられるのではないかと思います。50キャッチくらいまではすんなり達成できるでしょうが、それ以上の成長率は、練習量にかなり左右されます。
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。