スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチ位置の高さ

★要点

・キャッチ位置を高くするとボールをコントロールできる距離・時間が長くなる
・キャッチ位置を高くするとキャッチのタイミングに余裕をつくれる

●キャッチ位置は高いほうがよい

 通常のジャグリングを行うとき、ボールがどのように動くかは、キャッチしてからスローするまでの手の動きによって決定されます。今回は、キャッチ位置の高さに注目して、それがボールの動きにどのように影響してくるのかを考えていきたいと思います。結論から言いますと、キャッチ位置は高いほうが望ましいです(もちろん、無理に高くするのは駄目ですが)。その理由を、これから説明していきます。

●キャッチ位置が高いとコントロールが楽になる

 まず、最初に書いたように、ボールをコントロールできるのはキャッチしてからスローするまでの時間に限られます。さて、ボールを投げるためには、手を上下に動かさねばなりません。投げ上げる軌道の高さが同じであれば、手の上下移動の幅も当然同じになります(厳密には指の使い方やスローのタイミングなどで多少は変わってくるでしょうが、おおむねほぼ同じ幅になるはずです)。
 この移動幅のうち、スローのタイミングは、当然一番下がった位置から最も上がった位置まで上昇する過程での、どこか一点になります。
 一方のキャッチのタイミングは、無理をすれば手を上げながらキャッチすることもできるでしょうが、それよりは手を下げながらキャッチするほうがずっと楽でしょう。そうすると、手が一番上がった位置から、一番下がった位置まで移動するあいだの、どこか一点でキャッチすることになります。
 いま、手が一番下がった位置とスローする位置との高さの差が、30cmあるとします。この条件で、手が一番下がった位置でボールをキャッチするとしましょう。そうすると、キャッチしたボールを次にスローするまでにコントロールできる手の上下移動の距離は、30cmということになります。
 一方、ボールをスローしたのと同じ高さでボールをキャッチするとします。そうすると、ボールをコントロールできる距離は、手を下げるときに30cm、上げるときに30cmで、合計60cmとなります。
 30cmと60cmでは、当然60cm使えるほうが、ボールのコントロールはずっと楽になります。それも、単純に2倍の距離を使えるというだけではありません。手は上げるときよりも下げるときのほうが、より自由に動かすことができます。手を上げるときには、どうしてもスローの軌道を考慮しつつ投げねばなりませんから、あまり手を大きく左右に振ることはできません。しかし、手を下げるときであれば、ボールの軌道には影響しませんから、望ましい位置まで手を一気に動かすことができます。当然、後者のほうが、スローに失敗してキャッチ位置がずれてしまった場合にも対処しやすくなります。
 さらに、キャッチ位置をスロー位置よりも10cm高くするとしましょう。そうすると、コントロールできる距離は70cmになります。こちらのほうが、60cmのときよりさらにコントロールの精度を高くできるでしょう。
 もちろん、ボールは1つだけでなく連続で投げつづけなければなりませんから、手の上下移動の幅はあまり大きくすることはできないでしょう。それでも、同じ幅だけ動かすのであれば、キャッチ位置はより高くしたほうがよいと言えます。

●キャッチ位置が高いとキャッチの精度が上がる

 また、キャッチ位置を高くすることには、コントロールの精度を高めること以外のメリットもあります。それは、キャッチ自体の精度を高めることです。
 キャッチ位置が高いということは、キャッチするタイミングが早いということです。キャッチは、直前までボールをよく見て、低い位置で行うほうがより確実だと思われるかもしれません。確かに、ボールを1つだけ扱うのなら、そうかもしれません。しかし、ジャグリングでは複数のボールを扱わねばなりません。1つのボールにより多くの注意を向けるということは、それ以外へのボールへの注意を減じるということです。これは避けなければいけません。
 キャッチ位置を高くすれば、すなわちキャッチのタイミングを早くすれば、次のボールへ注意を向ける時間をより長くとることができます。もちろん、次のボールも早くキャッチすれば、さらにその次のボールへ注意を向けることができるようになります。このように早め早めにボールを処理していけば、余裕をもってキャッチを行うことができます。また、ミスをして、あるボールの処理に余計に時間を費やしてしまっても、処理のタイミングを少し遅らせる(つまり、キャッチ位置を臨時に多少低くする)ことによって、ドロップを防げるかもしれません。ドロップを防いだら、またキャッチ位置を少しずつ上げていけばよいです。はじめからキャッチ位置が低いと、このような余裕をもつことができません。

 このような理由から、キャッチ位置は高いほうがよいと考えられます。手の動きが間に合わずにドロップしてしまうとか、ボールを同じ位置からスローすることができなくなってしまうといった場合には、キャッチ位置を高くする(あるいは、キャッチのタイミングを早くする)ように意識してみると、余裕のあるスローができるようになるかもしれません。ぜひ試してみてください。
スポンサーサイト

保持時間

★要点

・保持時間を短くすると軌道を低くできる
・保持時間を短くするとキャッチの準備につかえる時間が長くなる
・コントロールを維持でき、体力が許す限りは、保持時間は短いほうがよい

●保持時間の長短と軌道の高さ

 ボールをキャッチしてからスローするまでの時間、つまりボールを手に掴んでいる時間を、保持時間と呼ぶことにします。ここでは、この保持時間の長短がジャグリングにどのように影響してくるのかを考えていきます。
 まず、理想的な保持時間がどのように決まるかを考えてみましょう。これは当然、軌道の高さによって左右されます。
 軌道が高ければ、ボールが落ちてくるまでの時間の余裕が大きくなりますから、保持時間を長くするのがよいでしょう。保持時間が長いと、同じ高さに投げるにしてもコントロールが容易になります。ただし、軌道が高いとそれだけ精度の高いスローが要求されます。
 反対に軌道が低ければ、リズムが速くなるので、スローの精度が多少犠牲になっても、保持時間を短くする必要があります。ただし、低い軌道のスローは多少精度が悪くても落下位置やリズムが大幅にずれることはありません。
 ところで、以上に述べたような、軌道の高さによって保持時間が決まるという考え方がある一方で、逆に保持時間の長短から軌道の望ましい高さが決まると考えることもできます。
 軌道の高さと保持時間の長さは、表裏一体のものです。保持時間が長いなら、軌道はそれに見合う高さにしなければなりません。保持時間が短ければ、軌道を低くしてスローを容易にするほうがよいです。
 さて、ここで意識していただきたいのは、このように軌道と保持時間とが一体のものであれば、高いスローの精度を高める練習と同様に、保持時間を短くする練習も有効であるということです。この後者の練習をしっかり行なっているジャグラーは、あまり多くないように思います。

●保持時間を短くすることのメリットとデメリット

 保持時間を短くできることには、重要なメリットがあります。
 第1に、すでに述べたことですが、軌道を低くすることが可能になります。スローは低いほうがコントロールが容易ですから、これは安定感の向上につながります。
 第2に、キャッチの準備をするための時間の余裕を大きくすることができます。保持時間が長いと、ボールをスローするころには、次のキャッチすべきボールが、低くまで落ちてきてしまっていることになります。すると、キャッチにかけることのできる時間が短くなってしまいます。しかし保持時間が短ければ、スローからキャッチまでに余裕ができるので、より確実にキャッチすることができます。
 こういったメリットがあるので、必要なスロー精度を維持できる限りは、保持時間は短ければ短いほど望ましいと言えます。ですから、保持時間を短くする練習も、上達のためには欠かせません。とくに、精確なコントロールが要求される技ほど、高いスローを安定させることを目指すよりは、保持時間を短くして軌道を低くするほうがよい場合が多いです。
 もちろん、軌道を低くすることにはデメリットもあります。それは、体力を消耗するということです。これは、リズムが速くなってそのぶん腕を早く動かさねばならない以上、仕方のないことです。
 ウエイトトレーニングをして筋力をつければ高いスローが楽に投げられるという意見をよく耳にします。それはたしかにそうですが、筋力を高めることのメリットは、むしろ低い軌道で投げつづけられるようになることのほうが大きいと考えています。

●保持時間を短くするための練習

 最後に保持時間を短くする練習の仕方について述べておくことにします。
 まず、低い軌道で投げれば、そのぶんリズムが速くなり、したがって保持時間も短くなります。これが一番直感的な練習方法で、また必要な方法でもあります。
 たとえば、単純にカスケードやファウンテンの軌道を低くしていけばよいです。この練習は、まずはある程度つづけられる個数(平均キャッチ数が100を超える個数)で実践してください。ふつうにやってもつづけられないパターンで試みても、スローの精度を維持しているかどうか判断できませんので。
 このように軌道を低くする練習も有効ですが、コントロールの精度を維持しつつ保持時間を短くしていくことが課題なのですから、やはりコントロールの難しい高い軌道のスローにおいて保持時間を短くする練習のほうが、より有意義なはずです。高い軌道を維持しつつも、ボールが落ちてくるのを待たずに、次々に投げ返します
 これは、まずは55500、666600、7777700(いわゆるフラッシュ)といったパターンで練習するのがよいでしょう。スローの間隔をカスケード/ファウンテンと同じままにして、これらのパターンを行います。これもやはり、きちんとつづけられる個数で行なうことが大事です。

軌道の高さ

★要点

・軌道が高いからといって余裕が生まれるわけではない
・軌道が低いほうがコントロールが容易でリズムも一定にしやすい

●軌道の高さ

 ジャグリングの安定感を測る上では、軌道の高さ、リズム、スロー位置、キャッチ位置、肘の位置など、いろいろな要素が考えられます。これらの中でも軌道の高さは、一見するだけで良し悪しがある程度判断でき、またジャグリングのやりやすさに密接に結びついた、重要な要素です。
 軌道の高さについては、高いほうがよいという意見も低いほうがよいという意見もありえ、いずれにも理があり、いずれにも非があります。結論としては、当然ですが、高すぎず低すぎもしない高さがよいということになります。
 けれども、実際に多くのジャグラーが投げている高さと、理想的な高さとの間には差があるように思えます。個人的には、軌道が高すぎるジャグラーが多いように思いますので、ここでは軌道の高さを低くすることの利点を述べていくことにします。

●軌道の高さとリズム

 言うまでもないことかもしれませんが、軌道の高さとリズムとは表裏一体のものです。軌道の高さを変えることは、リズムを変えることです。ですから、リズムがあまり問題とならないようなパターンであれば、軌道の高さもあまり大きな問題とはならないかもしれません。この記事では、とくに5カスケード以上を念頭においています。3カスケードや4ファウンテンでは、適当に高く投げるだけでも、少なくとも複数のボールが同じ手に同時に落ちてくるといった事態にはなり得ません。
 これは言い方を変えれば、ジャグリングの練習をする上で軌道の高さやリズムが初めて問題となるのは、5カスケード以降からということです。もちろん3ボールや4ボールでも高さやリズムに注意をはらう必要はありますが、4ボールまでと5ボール以上とでは、問題の質が全く異なります。4ボールまでは高さやリズムがでたらめでもなんとかなりますが、5ボール以上は高さとリズムがある程度正確でなければ不可能です。
 ですから、とくに5カスケードでつまづいている人や、まだ5カスケードに挑戦してはいないけれど目標にはしている人は、軌道の高さに注意した練習をしていくことが有用かもしれません。

●軌道は高いほうがよいか、低いほうがよいか?

 軌道は高いほうがよいというジャグラーは多いようですし、自分自身も以前そのように考えていたことがありましたが、その根拠はそれほど説得力があるものではないと思います。

 まず、軌道が高いほうがボール同士の間隔が広くなり、したがって、衝突しないで投げられる軌道の幅が広くなる、というものがあります。
 もしすべてのボールを理想的な軌道で投げられると仮定すれば、たしかに軌道が高いほうが、低い場合より衝突しない軌道の幅は大きくなるでしょう。しかし、許される軌道の幅がどのくらいあるかという議論は、そもそも理想的なスローを繰り返し続けることはできないということを前提にしています。1つ1つのボールの軌道が少しずつでも異なるという実際の状況下では、軌道が高いほうが許される軌道の幅が大きいとは限りません。
 さらに、当然のことですが、高く投げるほうがより大きな力が必要なので、ボールのコントロールが難しくなります。それに、たとえ投げ上げる角度のずれが同じであっても、高く投げたほうが落下位置はより大きく変化してしまいます。
 一方、軌道の高さが低ければ、確かに許される軌道の幅は小さくはなりますが、スローのばらつきが減るため、下手に軌道を高くするよりは衝突の危険を減らせます。

 また、高く投げるほうが軌道やリズムの修正をしやすいという意見もたまに聞きます。
 これも上記の場合と同じです。軌道が高くリズムがゆっくりであれば、崩れても修正しやすそうですが、実際にはそのようなことはありません。そもそも軌道やリズムが崩れるのはコントロールに失敗したからであって、コントロールの難しい高めの軌道では、修正しようとしたところで、ミスがより深刻になっていくばかりです。
 なお、3ボールや4ボールで軌道を立て直すときに1つだけボールを高く投げ上げることがありますが、これはボールの数が少ないからできることです。5ボールで同じことをやろうとすると、77722のように3つのボールを投げ上げるか、645や744のようなサイトスワップにする必要があります。これはなかなか難しい技術なので、5ボール以上で軌道の修正をする場合は、無理をせず少しずつ正しい軌道に近づけていくのが得策です。

 さらに、軌道が高いほうがボールを保持していられる時間が長くなるので余裕ができる、という意見も考えられます。
 これについては、まずジャグリング中の余裕が何に由来するかをよく考える必要があります。ボールの保持時間を長くすることは、コントロールを正確にするという点からは確かに余裕につながると言うことができるでしょう。
 しかし、手の動きとしては、ボールを投げる動きのほかに、ボールをスローし終ってからキャッチするまでの動きもあります。保持時間を長くすることは、後者の時間を短くすることです。余裕をつくろうとして保持時間を長くすると、キャッチの時間には余裕がなくなってしまうのです。保持時間は長くすればいいというわけではありません。スローにかける時間とキャッチにかける時間を適切に配分することが余裕につながります。
 さて、軌道が低ければ保持時間を長くすることはできませんから、キャッチしたボールはすぐにスローすることになります。そうすると、保持時間の長さが自然に一定になって、したがって軌道の高ささえ揃っていれば、とくに意識しなくとも一定のリズムを保ち続けることができます。リズムが速くなりますから余裕が無いように思われるかもしれませんが、軌道が低いぶんコントロールが余裕で、ミスが減るため、同じ動きを繰り返すのは難しくありません。
 一方で、軌道を高くした場合は保持時間を長くも短くもできます。これはジャグリング中の自由が大きいということではありますが、保持時間を意識的に一定にしなければいけないということでもあって、これはリズム維持の観点からは望ましいことではありません。

●理想的な高さをどのように見つけるか

 以上のように、低い軌道の高い軌道に対する優位を述べてきましたが、そもそも軌道が高い・低いという感じ方には個人差が大きくあるものです。理想的な軌道より低く投げているのに、投げている本人は自分のスローが高すぎると感じている、ということも十分ありえます。ただ、大まかな感想としては、軌道が高すぎるジャグラーのほうが多いようです。
 さて、理想的な高さの探し方ですが、これにはいろいろなやり方があると思います。ここでは、自分が用いている方法の一つを紹介します。
 この方法では、ボールの保持時間から理想的な高さを逆算していきます。まず、やや高めの軌道で投げて、保持時間をできるだけ短くしていきます。そうするとキャッチするための時間が長くなります。この余分な時間は削ることができるはずです。そこで、軌道を次第に低くしていきます。低くし過ぎると、腕をあまりに速く動かさねばならなくなって、コントロールがかえって困難になります。そうなる高さよりも少し高いくらいに、腕が常に休むことなく動き、かといって疲れてしまうほどリズムが速くはない高さが見つけられると思います。
 ボディスローやミルズメス系など、基本スロー以外のパターンにも利用できます。ポイントは、最初の段階で限界まで保持時間を短くしておくことです。そうしておかなければ、軌道を十分に低くすることができません。

脚の参加

★要点

・腕だけで投げようとすると柔軟さが制限されてしまう。脚を参加させて臨機応変な動きができるように。
・足の基本位置は腰からまっすぐ下ろしたあたりか、それより少し外側あたり。
・脚全体を自然に使うには、まず膝が自由に動けるように少し曲げておく。

●ジャグリングと脚

 ジャグリングで最も酷使されるのは腕で、そこから一番遠い脚についてはあまり問題になることがありません。確かに、脚の使い方はジャグリングにとって本質的ではないように思えます。たとえば安定して続けることのできるパターンなら、足幅を狭くしたり広くしたり、あるいは前後にずらしたりしても、全く問題なく続けることができるはずです。負荷の低い技に関しては、脚は大して重要でなさそうです。
 しかし、あまり安定していないパターンだとどうでしょうか。安定してできる最大数よりも1つ多い個数の練習をする場合を考えてみてください。おそらく、ふだんと極端に違う位置に足を置いた場合、非常にやりにくく感じるのではないでしょうか。あるいはもっと極端に、片足立ちでジャグリングしてみてください。この状態でふだん通りに投げるのは至難の技です。
 ジャグリングは腕を使う運動ですが、腕だけを使うわけではありません。スムーズに投げるためには、全身を有機的に連動させて投げることが必要です。しかし、とくに初心者のうちは、腕だけに頼った投げ方になってしまいがちで、そうするとコントロールの精度が低くなり、また疲労しやすくもなってしまいます。全身を参加させる第一歩として、まず脚を参加させることから始めてみてはどうでしょうか。

●足の位置

 まずは足の位置から考えていきます。一見動いていないように見える場合でも、脚は体とボールを支えるという役割を果たしています。ふつうに立っているだけならば、両脚にかかる力は常に一定のはずです。しかし、ジャグリングではボールをキャッチするたびに、キャッチした手の側の脚により大きな力が加わります。ジャグリング中には、この重さをしっかり支えねばなりません。

 両足の位置の基本は、腰からまっすぐに下ろしたところか、そこよりやや外側あたりでしょう。体重を支えるには脚がまっすぐ下りているのが効率的ですが、ジャグリングでは臨機応変に前後左右に重心を微調整しなければいけないので、足幅が狭すぎるとリカバリーなどが難しくなってしまいます。両足の前後の位置関係は、ふつうは両足とも同じように揃えます。いずれかの足が前に出ていると、それに伴い腰なども回転することになりますから、両手を同様に動かすのが望ましいジャグリングにとっては、両足を極端に前後にずらすのは避けたほうがよいかもしれません。
 ただし、ずらしているほうが前後への体重移動は楽になりますから、リカバリーはしやすくなります。ガットーも、7クラブのスタートでは左足をかなり大きく前に出しています。これは、1投目を高く投げるのを容易にすると同時に、体全体を前後に移動させることによるリカバリーに備えるためと思われます。
 左右の幅については、狭すぎたり広すぎたりしない限りは、やりやすさは大して変わらないと思います。ただし、ハイアップのように力をほぼ真上にできるだけ大きく加えたい場合は、足の幅は狭くして脚の進展の力をまっすぐ上に向けるほうが楽になります。反対に、足の幅を広くしておけば、膝などの細かい動きで重心を左右いずれかに寄せることができますので、たとえば744のようなボールを扱う範囲を左右に大きくとりたいパターンでは、周期ごとに重心を左右に交互に移動させることでボール同士の衝突の危険を減らせます。

 基本位置はこのようになりますが、リカバリーなどで体ごと移動することを考えると、足を基本位置以外の場所においても問題なく投げられるように練習することも有効かもしれません。また、ピルエットのように必然的に足位置の動きを伴う技もありますし、ステージで披露するのならジャグリングしながら移動する技術はほぼ必須です。基本位置でのスローをしっかり身につけたうえで、臨機応変に対応できるようにするために、あえて基本位置からはずすことも必要です。

●脚の動き

 さて、ジャグリングにおいては、足は単に体を支えるだけでなく、積極的に動かすことが必要になることもあります。脚を動かすことには、主に2つの重要な役割があります。

 1つ目は、スローの補助としての働きです。これは、ハイアップのようなあからさまな場合には限りません。カスケードやファウンテンのようなシンプルなパターンでも、数が増えて負荷が上がれば、脚を単なる支えとしてだけでなく、ボールを投げ上げるための力添えとして用いることが重要になってきます。
 ただし、これは肩、背中、腰など全身と連動させてはじめてスムーズに行えることで、簡単ではありません。これはぼく自身もまだ検討の途中ですし、書くにしても記事を改めなければなりませんので、ここでは保留させていただきます。これまで意識したことのないかたは、脚を使って投げる、ということだけ心の片隅にでも留めておいてください。

 2つ目は、すでに触れたものですが、ミスした際のリカバリーとしての働きです。「衝突回避」の記事も参照してください。
 この場合は、膝の準備が重要です。これは上向に力を加えることを考えても同様のことが言えるのですが、膝を完全に伸ばしてしまうのは望ましくありません。膝を伸ばしてしまっていると、重心をすばやく落とすことが難しくなりますし、上向きに力を加えることもできません。フォームが硬くぎこちなく見える人は、膝がぴんとまっすぐになってしまっている場合が多いです。スムーズに腕の補助をし、とっさの状況の変化にすぐに対応できるよう、膝は軽く曲げておくくらいにします。膝を柔軟に使うことができれば、股関節や足首など他の部位もそれに伴い自然に使えるようになるはずです。

スタート

★要点

・スタートのスローと通常のスローは、投げ方が異なる。
・スタートは低くなりがちだけれど、通常のスローと同じ高さにまで投げるのが理想的。
・最初の一投を高く投げる方法は、試してみる価値がある。

●スタートの難しさと重要さ

 スタートのスローは、手に複数個のボールをもっている点で、通常のスローとは異なります。これに由来する難しさは大きくは三つあり、第一に一投一投の手中でのボールの握り方が違ってくること、第二に複数個のボールを持っているため負荷が高く、さらに一投ごとに手中のボールが減り軽くなっていくこと、第三に空中にボールがないため軌道の目安が少ないこと、です。こうした難しさは、片手に2個しか持っていないなら大した問題にはなりませんが、3個4個とボールが増えると途端に大きな壁になります。

●スタートのスローと通常のスロー

 さて、スタートのスローがとくに問題になるのは、まだできない個数のボールでのジャグリングに挑戦するときです。この場合基本パターン(カスケードまたはファウンテン)から練習するのが普通ですから、ここでもそれを前提として話を進めます。
 スタートのスローの困難としてすでに三点あげましたが、逆に通常のスローより容易な点として、キャッチを考えなくてよい、ということがあります。つまり、通常のスローではキャッチとスローが交互に行われるため、手は左右に幅のある円的な動きをしますが、スタートのスローではキャッチの位置に手を移動する必要がないため、手がより直線的な動きをしても差し支えないのです。スタートから通常のスローと同様に動かすほうが腕の動きを統一できてよい、という意見もありえますが、スタートでは複数個のボールが負荷となっていることを考慮すると、手を左右に振ることは困難で、下手をするとつかんでおくべきボールをこぼしてしまうことさえありえます。実際に、トップレベルのジャグラーたちもスタート時の手の動きはいくらか直線的になっています。
 このように、スタートのスローは通常のスローよりある面では難しく、ある面では簡単なので、スタートの練習と通常のスローの練習とはいくらか独立したものと考えるべきです。フラッシュの練習をいくら繰り返してもキャッチ数が伸びるとは限りませんし、キャッチ数がいくら伸びてもスタートで失敗する可能性は残ります。こういったことを踏まえた上で、スタートの練習と通常のスローの練習との配分を考えていくことが大事です。
 ボールを増やしたばかりのときは、そもそもフラッシュが成功する確率が低いでしょうから、まずスタートの練習をするしかありません。ある程度パターンが続くようになっても、キャッチ数を伸ばすための練習ももちろんスタートの練習にはなりますが、スタートで失敗することがあるうちは、10~30キャッチ程度を繰り返すスタートに重点をおいた練習も取り入れたほうが、効率がよいかもしれません。

●高さ

 スタートがうまくいかない場合の傾向として、スタート時のボールの軌道が低いことがあげられます。この原因は、負荷が高いため十分な高さに投げられないことや、高く投げるのはコントロールが難しいことなどですが、安定感を増すには、やはりボールを最初から一定の高さに保てるほうがよいでしょう。けれどもこれはなかなか難しいことで、その原因としては、スタートは負荷が高いということだけでなく、空中に他のボールという目安がないことに由来するコントロールの困難があります。
 これを解決するには、あとで述べる一投目だけ高く上げる方法が有効ですが、あとはとにかく繰り返し練習するしかありません。ポイントは、通常のスローにも言えることですが、まずあまり力まないことです。下手に力を入れると、投げるのに使わない筋肉まで緊張してしまい、投げ上げるための運動が阻害されてかえって高さが出ません。また、腕の力だけで投げるのではなく、脚や背中など全身の筋肉を導入することが大事です(ここらへんはぼくもまだしっかりとは理解できていませんが)。肘関節や肩関節をできるだけ動かさないようにすると、自然に全身の動きでもって投げやすくなるかもしれません。もちろん実際に動かさないわけではなく、意図的に無理には動かさない、ということです。腕の力を使わなければ、自然に他の部位の力で投げることができるはずです。すでに述べた、脱力することとも大きく関わっています。とくに最初の一投は、膝を伸ばすことなどで充分な高さに投げられるはずです。

●最初の一投

 スタートには主なやり方が二種類あって、一投目から通常の軌道で投げるやり方と、一投目を通常の軌道より高めに投げて二投目以降を少し待つやり方です。ぼく自身はいずれも利用するのですが、もともとは前者の方法だけを使っており、次第に後者の方法のほうがよいと考えるようになって、次第に後者を使う比率が増してきました。前者の投げ方のほうが一般的ですが、ここでは後者のメリットを紹介します。
 まず、負荷の面から。一投目だけなら、膝の力などを使って高く投げることができます。そうすると、通常のスタート同様に投げなければならないボールが一つ減り、そのぶん負荷が減ることになります。この方法を用いれば、特に奇数個のボールを投げる場合に、左右の手にかかる負荷を実質的に同じにできます。
 ついで、軌道をつくる目安としての面から。すべてのボールを一様に投げてスタートする場合、空中に軌道の目安が何もない状況から投げ始めなければなりません。すると、特に投げ上げるべき高さが分かりにくく、軌道が低くなりがちです。けれども、最初の一投を高く投げておけば、そのボールの動きと位置を追うことで軌道の目安をつくることができます。また、一投目はある程度の高さに投げてさえいれば、多少の前後左右のずれは、体の位置を移動することで解消できるので、一投目自体のコントロールはさほど問題になりません。
 もちろん、一投目の動きと位置から二投目以降の起動を割り出すことにはそれなりの練習と慣れが必要ですから、はじめはこのやり方のほうが難しく感じられると思います。けれどもこの技術は、さまざまのパターンから基本パターンに戻るさいや、軌道が崩れたさいの立て直しなどにも必要なものなので、結局いずれは身につけるべきものです。5ボール以上のカスケードやファウンテンで伸び悩んでいる場合は、試してみる価値は充分にあると思います。

肘の位置と動き

★要点

・肘の位置はフォームを決める要。
・ボールを増やすほど、肘の位置も外に広げるべき。
・投げやすい肘の基本位置を探す。胸を張り、肩幅をできるだけ開くようにして、そこから腕を自然に下ろしたあたりを中心に探すとよいかも。
・肘はできるだけ動かさないほうがよいが、負荷の高い技で自然に動くのまで矯正しようとすると逆効果。

 ここでは、ジャグリング中の肘の位置と動かし方について書きます。ジャグリングのフォームを考える上では、肩・肘・手の位置関係がとくに重要になりますが、その中でも肘は手の動きの起点であり、またその位置は前後左右に様々にありえるので、安定した連続的なスローを実現するためにもっとも重要な部位であると言えます。

●軌道の横幅と肘の位置

 軌道の幅をどれくらい左右に広げるのが望ましいかは、技によって変わってきます。3ボールの技なら多くの場合狭いほうがよいでしょうし、ナンバーズでは広くとらねばボール同士が衝突してしまいます。
 しかしこれは、当たり前のようでいて、実際にはなかなか難しいことです。たとえば5カスケードに挑戦してなかなかうまくいっていない人の多くが、軌道を3カスケードとほとんど同じ幅にしたまま練習しているようです。けれども、3カスケードをやりやすい幅よりも、5カスケードをやりやすい幅のほうが広いはずです。一般に、ボールの数を増やそうとするなら手の幅を広げるべきで、したがって左右の肘の幅も広くとるべきです。ところが体にはボールがより少ないパターンでのフォームが染みついているので、ボールを増やすときには自覚的に軌道の幅を広げねばなりません。
 一方で、幅が広すぎると、腕を上げ下げする過程で肘の動きにブレがでやすくなってしまいます。この問題は筋力をつけることである程度は解消できますが、やはり肘の幅が狭いほうが腕の動きを安定させやすいことも事実です。したがって、ストリクトに腕を動かせる肘の幅をいかに広げていくかが課題になります。
 ここでは、とくに5個以上を投げるときのために肘の幅を広くとるフォームを中心に述べますが、まだ5個に挑戦していない方も、3~4ボールの練習から肘を広げることを意識しておくと、ボールを増やすさいに取っ付きやすくなるはずですので、早いうちから取り組んでおいて損することはありません。

●肘の基本位置

 まず、肘の幅が体の幅より狭くなっている、つまり肘が体の前に位置している場合は、二つの点で望ましくありません。第一に、軌道の幅がどうしても狭くなってしまうこと、第二に、軌道が体から遠く離れてしまうことです。第一の点についてはもうよいでしょうから、第二の点について。肘が前に出ると、確かに投げ上げるのは楽になるのですが、軌道が体から離れて落下位置の予測が困難になり、また、どうしても肩を大きく使う投げ方になってしまうので、ボールの前後へのコントロールも難しくなります。そうすると、安定感を得ることができなくなってしまいます。実際、肘が大きく前に出たフォームでナンバーズやエンデュランスに強いジャグラーを、ぼくは知りません。もちろん高く投げるために肘が前後に動くことはありますが、肘の動きの基本となる位置自体が前に出ることは問題です。
 そういうわけで、肘の位置は、左右では体の幅より広くとり、前後では体の中心と同じくらいの位置におくとよいです。コツは、「フォーム:肩」でも述べる予定ですが、肩を肩幅が一番広くなるくらいにまで引き、胸を張ることです。そうして腕を自然にぶら下げれば、肘がちょうど体の真横あたりに来ると思います。まずはこの位置をめやすにして、自分なりに投げやすい位置を探して微調整していけばよいでしょう。そこを肘の基本位置として体の各部位の動きを構成していけば、ある程度システマティックにフォームの調節ができると思います。

 さて、肘の幅は安定して動かせるなら広いほうがよい一方で、逆に狭いほうがリプロダクションは容易だと述べました。それは、肘の幅を狭くすれば、上腕を体幹に当てて固定することができるからで、逆に幅を広げる、つまり脇を開いて肘を浮かせると、支えがなくなって肘の位置が不安定になります。こうした条件のもとで肘の幅を広げる手段としては二通り考えられ、一つは肘を浮かせても安定して投げられるフォームを身につけること、もう一つは広背筋をつけて肘の支えの大きさを増すことです。後者はトレーニング経験のない方には冗談に聞こえてしまうかもしれませんが、ぼくとしては前者より現実的に思われて、というのも、前者の方法はボールの数が増して負荷が高くなると非常に困難だからです。もちろん、身体能力が非常に高ければ問題ないのかもしれませんが、すくなくともぼくは肘を浮かせるやり方での7カスケードに難度も挑んでことごとく失敗してきたので、今後もできそうにありません。それに、肘を浮かせるなら、いずれにせよ広背筋(と三角筋)の強さが要求されると思います。

●肘の動き

 リプロダクションの観点からすると動かす関節は少ないほうがよいので、理想としては肘の位置は固定したほうがよいです。けれども、ボールの数が増えて負荷が高まると、肘から先の動きだけで充分な高さに投げることは困難になりますので、肩の筋肉も使わなければならなくなり、自然に肘が動いてしまうことになります。これはある程度は仕方がないことで、無理に肘を動かさないようにすると余裕をもって投げられなくなり、かえって安定感がなくなってしまいます。ですから、ある程度の前後への移動は仕方のないものとして、スローごとに肘を基本位置までできるだけ正確に戻すようにするほうが現実的です。
 ジャグリング中に手の位置のぶれを自覚することは簡単な一方で、肘の位置の動きはなかなか自覚しがたいですが、より体幹に近い部位である肘を中心に体の動きをつくるほうがよりストリクトなフォームを実現しやすいと思ます。いままで肘の位置・動きをあまり意識してこなかった方は、意識するようにするとなにかしら発見があるかもしれません。
 

手の上下の振り幅

★要点

・通常のスローでは、手の上下への振り幅を無理のない程度に小さく
・ハイアップでは手をしっかり下げる

●振り幅の大きさの影響

 ボールを投げ上げるには手を下から上へ上げなければいけないのは言うまでもないことですが、この振り幅は、同じ軌道で投げるにしても、ゆっくり大きく動かすか、あるいは速く小さく動かすかによって、様々にありえます。一般に、振り幅が大きいほど力を加える時間を長くとれるので、同じ力を発揮していてもより高く投げることができます。たとえば、できるだけ高く上げようとするなら、手を無理のない範囲で一番低い位置まで下げてから、高めの位置でボールを離すのが望ましいでしょう。

 ●振り幅は大きいほうがよいか小さいほうがよいか

 以上のように書くと、では上げ下げの幅は大きいほうがよいのかと思われるかもしれませんが、これは場合により、個人的には、経験から、むしろ振り幅は小さいほうがよい場合が多いと考えています。
 まず、手を上下に大きく動かすと、理想的な軌道に沿って投げることが難しくなります。ボールを思い通りに投げるには、投げる瞬間の手の動きが直線に近いほうがよいですが、一方で肘や肩を軸とする腕の動きは曲線的にならざるをえませんから、手を大きく動かす場合は、ボールのコントロールがより困難になってしまうからです。さらに、手を大きく動かすことのメリットは、先に述べたように、腕の振りが遅くても軌道の高さを実現できることだったのですが、ボールのコントロールが難しくなるのでは、そのリカバリーのために腕を不規則に動かさねばならなくなりがちで、そうすると、無駄に体力を消耗することにもなりかねません。
 一方、手の上下の振りを小さくする場合は、たしかに瞬発的に大きな力を発揮しなければなりませんが、それを補いうるメリットもあります。まず、それぞれの関節の動きが小さくてすみますから、ボールのコントロールが容易になり、リズムや高さを保ちやすく、したがってリカバリーの頻度を減らすこともできます。また、スローにかかる時間が短くてすみますから、そのぶん手を自由に使えて、リカバリーが必要なときも、時間に余裕をもって対処できます。ですから、一投ごとでは手を大きく動かすほうが楽ではあっても、投げたボールをキャッチし再び投げ上げるという連続的な動きを念頭におくと、とくにシビアなコントロールが要求される技において、手の動きが小さいほうが体力の消耗が少なくてすむこともありえます。難度の高い技に挑戦していてリズムに余裕がないと感じた場合は、あえて腕の動きを小さくしたほうが、かえって充分な高さに投げやすくなるかもしれません。
 ただし、手の動きを無理に小さくしようとすると、肩などの大きな筋肉にばかり頼った投げ方になってしまう恐れがあり、そうするとかえってフォームを崩すことになってしまいます。これでは元も子もないので、手の振り幅を変える場合は、普段と比べて腕の各部位の位置がずれてしまっていないかを平行してよく確認することが必要です。
プロフィール

mascaret

Author:mascaret
福岡出身・東京&千葉&フランス経由、千葉在住のジャグラーです。

*経歴
JJF2014にて
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位
JJF2012にて
 チャンピオンシップ決勝進出(2年連続)
 エンデュランス
  5ボールカスケード1位
  6ボールファウンテン1位
  7ボールカスケード1位

*使用道具
ボール:RF Beanbag M (Rad Factor), Elite 8 M (Gballz) etc.
クラブ:PX3 SIRIUS TRAINING (Play)
リング:Absolute Circus Ring (Absolute Circus), Wind Stream Ring (Mr. Babache), SATURN (Play)

カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。